徒然日記

3月25日 その3501『逢坂誠二の徒然日記』(5198 )

今週は、風邪というアクシデントもあったが、
朝から晩まで、国会活動に没頭した。

特に法務委員会の仕切は、何かと気苦労が多い。

21日、世間が注目する共謀罪が閣議決定され、
その議論開始に向け、より一層、責任が重くなる。

また司法修習生への給付金制度の実現に向け、
来週は最終局面に入るものと思う。

今日から月曜日までは地元活動に専念する。

国会脳から地元脳への転換だ。

1)タブレットやスマホ

議場や委員会室でタブレットやスマホを
操作することに批判的な記事を
目にすることがある。

かつては携帯電話はまさに電話だった。

会議中に電話を操作することは、
まずいだろう。

しかし今、タブレットやスマホは多機能だ。

メモ帳、手帳、日程管理、資料、
新聞、書籍、ワープロなど、
仕事に必要なあらゆる機能が詰まっているのが、
これらの機器だ。

これらに機器なしに、今の仕事は進まない。

旧来の携帯電話とは全く意味が違うのだが、
相変わらず古典的な批判が多い。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.25  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です