徒然日記

3月19日 その1696『逢坂誠二の徒然日記』



昨夕、函館から都内入りした。

都内は明るい朝を迎えている。

今の気温は6度、
日中は10度程度の見込みだ。

降水確率も低く、
終日穏やかな天候のようだ。

1)定期大会
昨日、民主党北海道第8総支部と
民主党函館支部の2012年定期大会を
函館市内で開催した。

冒頭、私から、東日本大震災のことなど
昨年を振り返りつつ、挨拶を行った。

その後、来賓から挨拶を頂き議事に入る。

====


マニフェストの経過、
達成、未達成などの報告を行って欲しい


税のムダづかいを改めることなしに
消費増税を行うのは疑問


民主党の言うことは信用できない


大阪都構想や橋下氏を支持するのか


公務員給与や退職金をなぜ減額するのか


年金支給開始年齢の引き上げはダメ


年金の一本化はおかしい


一昨年の参議院選挙で敗北したのに、
岡田副総理は責任をとっていない


党の政策決定に党員が関われず
これで党員と言えるのか


こんなんじゃ応援できない


次期衆院選挙をどう戦うのか


消費税反対


租税特別措置の見直しが必要


砂防ダムを止めるべき


消費税は拍手をもって賛成ではないが、
これしか道はない


消費税は、与野党をこえた日本をどうすかの問題


国保制度にもっと税を投入すべき


国対政治は止めるべきだ


公務員の給与を下げる前に、
国会議員定数の削減、
定年の創設などを行うべきだ


一次産業に対する明確な補償が無い限り、
消費増税はダメ

====

以上のような意見があった。

どんなに真摯に政策に向き合おうとも、
批判一辺倒の現状を考えると、
当然の状況だと思う。

しかし、私から、
幾つかの事例も交えつつ、
国民の生活や地域が第一であることについて
話をさせて頂いた。

日常活動のなかで、
とにかく愚直に進むことしか、
現状を乗りこえる道はない。

そのことも申し添えつつ、
大会を終えている。

昨日の話だけでは十分ではないが、
多くの皆さんと意識は共有できたのではないかと思う。
(もちろん批判はまだまだ多いが。)

長時間、お付き合い頂いた
関係者の皆さんに心から感謝している。

====

政治は、
どんな状況の中であっても
自分も含む国民全体が、
より一歩でも知的高みに向かって進むことを
忘れてはならない。

政治家が、
単なる扇動者や統率者ではなく、
真の政治家たる根源がここにある。

昨日の定期大会を通して、
そのことを改めて強く認識している。

2)山上大神宮
昨日、
いつもお世話になっている
函館市内の山上大神宮の
春の祈年祭にお邪魔した。

山上大神宮と名前は大きいが、
実際は小さな神社だ。

函館山の麓にある神社としては、
もっとも高いところにあるはずであり、
社の入り口付近は、
勾配が15度近くもあろうかと思う。

私は、この小さな大神宮が気に入っている。

なぜかは分からないが、
いつもお邪魔するたびに落ち着きを覚えるのだ。

昨日も短時間だったが、
たくさんの雪が残る大神宮の境内で、
敬虔な気持ちにさせて頂いた。

3)占い
プロの占い師に私のことを占ってもらった。

何か悩みがあってそうしたのではなく、
昨日行われた地元商店街のイベントの占いコーナーで、
何となく興味をそそられて占ってもらったのだ。

実は、私はプロの方に占ってもらうのは初めてだ。

イベントの占いであり、
必ずしも本格的なものではないのだと思うが、
結果は上々だった。

あまり良い結果でもなければ、
特に悪いわけでもない。

しかしながら、私の生きざまを
適確に言い当てられたと感じた。

====

忍耐や決断力は十分


服装や食べ物には頓着しない


苦労は多かったが晩年は少し減る


判断に困った場面で、
救いの手を差し伸べる人がいないかもしれないので、
自分で判断をすべき場面が多い


人よしで、裏切られることも多い


部下の面倒見はよい


初対面の人とは打ち解けないし、
新しい環境には適合し難い


柔軟だが頑固だ


大病の心配はないが、
疲れやストレスをため過ぎると
ガクンと落ち込むので注意が必要


青や黄のものを持つと良い


ラッキーカラーは紫


ラッキーナンバーは7


社長か何か、大きな仕事をする人


(私は左手が、いわゆる升掛けだが)
升掛けは片手で十分運が強い


腰が悪いが現在は回復


血流が悪いので飲酒に注意


携帯電話は赤を持つのが良い

====

こんな雰囲気の話をされたが、
べら棒に良いわけではないし、
極端に悪い話でもなかった。

何気なく占ってもらったが、
何か心が晴れ晴れしたような感じがした。

占いなど信じないし、
具体的な根拠や自分の考えで
様々なことを判断してきた。

しかし、昨日のイベント催事の簡単な占いで、
心の重荷が軽くなるような、
そんな雰囲気になった。

不思議なものだと思う。

やはり人間は、
感情の動物なのであり、
心の持ち様が大切だ。

政治の役割をはじめ、
ものごとに対する心の持ち方を、
改めて教えてもらった。

今は黒の携帯電話を使っているが、
次回は赤いものに変えてみようかと思っている。

====

昨日は、
定期大会、山上大神宮の春祭り、
そして商店街の占いと、
いつもと違った貴重な一日だった。

多くの気づきに感謝している。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・3・19 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です