徒然日記

9月4日 その3664『逢坂誠二の徒然日記』(5361 )

北朝鮮が、昨日、水爆実験をした。

当然容認できないことだが、
何とも頭の痛い問題だ。

各国からは早速、
制裁の強化などの話が上がっている。

北朝鮮はこうした経済制裁を受け、
今の強硬姿勢を見直すのだろうか。

====

第二次世界大戦の開戦前、
日本も各国から随分と激しい
経済政策を受けていた。

その経済制裁をABCD包囲網などと呼ぶ。

アメリカ America、イギリス Britain、
中国 China、オランダ Dutch East Indiesが参加したため、
この頭文字をとったものだ。

アメリカは日米通商公開条約の廃棄通告に加えて、
日本資産の凍結、対日石油禁輸など
日本への対抗策を強化した。

日本はこれによって軟化したのかといえば逆だ。

包囲網を突破しようとしてますます
強行策をとるようになり、
結局は太平洋戦争へと突入した。

こんなことを思うと、
今の北朝鮮に対する強硬策だけでは、
良い結果にならないと私は感ずる。

80年前の我が国の現状も念頭に
対応策を講ずるべきだろう。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.9.4 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です