徒然日記

9月30日 その3691『逢坂誠二の徒然日記』(5388)

公示まで、あと10日。

1)無所属で

昨日、帰函後、支持者の皆さん等と、
今回の前原代表の「希望の党」に
公認を申請するとの決定に関し、
意見交換をした。

意見は、三つに割れた。

希望の党公認を受けても良い、
無所属で出馬すべき、
どの党から出馬するかには言及しないが
希望の党は応援できない、

この三つだ。

これらの意見交換を踏まえて、
私は無所属で出馬する方向となった。

選挙戦の中で、
自分が日頃から訴えていることを
有権者の皆さんにストレートに話せないのは、
まともな選挙とは言えない。

そんな選挙をして当選しても意味がない。

もちろん選挙は当選することが
絶対の条件であることは理解する。

しかし自分の主張を述べられない選挙は、
有権者の皆さんに失礼なことだ。

そんな諸々のことを考えて、
希望の党への公認申請はしない。

そこで今日にも記者会見で、
無所属出馬を正式に表明することとした。

ところが昨日、東京の党本部の方針が
揺らいでいるとの情報が入った。

民進党公認もゼロではないかもしれないと言うのだ。

それが本当ならば、それがベターだ。

従って、その党本部の動向を見極めた上で、
無所属出馬を最終決定したいと思う。

だが何れにしても、
希望の党からの出馬はない。

さてここで問題だ。

公認がなければ、選挙資金が来ない。

お金をどうすべきか、
無所属出馬はここが最大の問題だ。

だが現時点で、希望の党を除くどこかの党で
公認出馬はする可能性は極めて低い。

無所属になれば、
法定ハガキやポスターの枚数が制限され、
選挙戦は圧倒的に不利だ。

しかし、自分の信念を伝えられない選挙に
組みすることはできない。

そんな決断をして今日は晴れ晴れとした気分だ。

とにかく不利な条件の中でも全力を尽く、
当選するしかない。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.9.30 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂さんの思いを知れて 僕自身も気持ちが晴れました。
    希望の党の公認を申請する人はすればよい、
    でも申請しない人に無所属出馬させるなんて
    考えられない。

    何としてでも8区の有権者として
    逢坂さんを国会へ送らなければと
    改めて強く思う。

  2. おおさかさんらしい、懸命の判断だと思います。
    厳しい選挙を勝ち抜いてください。
    投票はできませんが、心から応援しています。

  3. 逢坂先生の思いのごとく、今朝の函館は雨上がりの気持ちの良い秋晴れです~! 
    逢坂誠二先生の決断は、リベラルの受け皿となって
    必ず当選 さらには 今後の政党政治の 本質となることが予測されます。
    何としても市民の手で お金のかからない選挙運動を展開し
    必ず当選を目指しましょう~!

  4. ご自身の主義、信条を曲げず無所属でも立候補すると決断されたことに感動しました。微力ではございますが応援します。

  5. 英断を全面的に支持させていただきます。道内の各候補者も行動を共にする事を願っています。

  6. 私は愛知県在住の自民党支持者ですが、貴殿のご発言には感動させられました。

    新聞によると以下のようにご発言なされたそうですね。
    「希望の党とはどうしても肌が合わない。」
    「公認を受ければ資金のメドは立つが、言い訳をしなくてはいけない選挙になる。」

    このような政治的判断、態度は素晴らしいと思います。政治家としての基本の基本です。
    選挙に勝つには金は必要ですが、政治家であるためには金よりも大切なものがある。そのような事を、貴殿は分かっておられるのだと思いました。

    厳しい選挙戦になるかもしれませんが、がんばって当選してください。

  7. とても立派だと思います。個人献金がpaypalなどでできるようになればもっと簡単に応援できるのですが。

  8. 少しばかりの寝坊。カーテン明け、日課である「徒然日記」を読みました。
    矢来の雨も上がり、秋晴れの気持ちよさは、まさに逢坂さんの想いと一緒です。
    ここ数日のモヤモヤが晴れました。

    何の力にもなりませんが、賢明なご判断に懸命な応援を惜しみません。
    何としても勝ち抜いてください!!

  9. 安保法制を肯定する「希望の党」には日本の未来は委させられません。
    憲法9条を守り、リベラルの代表として頑張ってください。
    また、故郷函館や子供たちの未来を守るためにも
    大間原発廃止に積極的に取り組んでください。
    当選を目指して頑張りましょう。

  10. 世界がどれほど愚かで卑俗にみえたとしてもくじけることのない人、どんな事態に陥っても、「それでも私はやる」と断言できる人、そのような人だけが政治への「召命」をそなえているのです。
    (マックス・ウェーバー『職業としての政治』より)

    この言葉を贈ります。
    立場上匿名ですが、お判りになると思います。勝手連で応援したいくらいです。頑張ってください。

  11.  これからも応援し続けます!

    どうかこの難局を乗り切り
    リベラル派一般庶民を見捨てずにいてください。

    @無所属で立候補される逢坂さんを応援する場合
    比例にはどのように記入すれば宜しいか、ご教授ください。

  12. 希望の党に申請しない事を知り安心しました。自分達の党を愛せず、風見鶏のような姿を私達有権者は腹立たしく、また、悲しい思いで見てきました。民主党政権での失敗は反省し、猛勉強・地元での活動に誠意を持って立ち向かえば、道は絶対開かれると私は思います。そう思って、私達は何時も見ているのに、皆さんはそういう気持を分かろうともせず、「民進党」と党名を簡単に変え、出ていった方々と一緒になったりと、今や、政治不信の極み。今回の解散では、共産党に入れるしかないと思っていました。でも、逢坂さんは決断されました。野田さんもそのようですね。嬉しいです。
    正々堂々と自身の思いを伝えられる選挙になるのですね。おめでとうございます。私達も晴れやかな気持ちで投票できます。勝ちましょう!絶対に!応援しています。

  13. 綱領の内容からは保守性がまったく読みとれない「希望の党」に投票すべきか迷っています。
    逢坂先生たちに選択肢をつくっていただきたいのです。

  14. 今回の一連の民進党の動きには全く納得がいきません。
    北海道はリベラルの牙城を守っていかなければならない重要地域です。
    そんな中逢坂さんの信念溢れる決断には涙が出る位感動しました。
    まさしくこれが真の政治家の姿だと思います。
    無所属での出馬だと資金面等苦しい選挙戦になりますが同じ北海道から
    最大限のエールを送ります。
    選挙資金の寄付等は可能なのでしょうか?
    もし可能ならば僅かではありますが協力したいと思っています。

    • 10区の有権者様

      おおさか誠二事務所です。
      激励のメールを有り難うございます。
      個人献金については、次のページでお受けしております。
      https://ohsaka.jp/kojin.html

      他の大勢の方々からも応援のメッセージを頂いており、
      感謝申し上げます。
      必勝に向けて頑張っております。
      宜しくお願いいたします。

      おおさか誠二事務所 一同

  15.  
     日頃の政治活動を信頼できる国会議員は、4百数十名中、残念ながら、逢坂さんただひとりです。

     まさかとは思っていましたが、無所属決断、正直、ホッとしました。
     遠くて、選挙権はありません。でも、できるかぎりの応援をします。

     絶対、国会に戻って、存分に仕事してください。

  16. こんばんは。おつかれ様です。

    昨日、仕事から帰宅途中で逢坂さんが無所属で出馬というニュースを拝見しました。

    政治家になると品格も人格もなく、利権に気をとられ欲に取りつかれる人が多い中にあって
    ご自分の信条を見失うことなく
    地元の為に走り、国民の為に力を尽くして下さることに涙がでるほどに
    お人柄にうたれました。

    無所属は政党助成金が受けられないとありましたが
    逢坂さんは地元の多くの方々から信頼を受けていらっしゃるので
    きっと資金面では助けて下さる方がおいでになると思います。

    自分は民なので実業に勤しんできましたが
    資金がない時でも信用があれば、誰かがみていて助けてくれました

    与党議員でも議員になれば働かなくても税金で暮らせるという理由で
    議員になる輩もいるそうですが
    そういうのはやめて頂きたいものです。

    党で公認もありなら、それは喜ばしいことです。

    是非、国政を担って頂けるよう応援していきます

  17. リベラルというか中道左派の受け皿がなくなって、どこに投票すべきか困ってます。民進の一部で革新党を創るのはなしですか?

  18.  昔、知事選出馬の打診を見送られた時のことを思い出します。

     大きな流れや目先の利益に乗らず、自分の信念を貫く。
     やっぱり逢坂さんは逢坂さんですね。最高です。

     希望の党と相容れない部分の信念については、自分の考えとは全くの正反対ですが、、、
     でも、その信念を貫く姿勢はとても格好良い!です。

     一道民として、応援しています。頑張ってください!

  19. 無所属で出馬すると表明し、選挙に勝ちますと言った姿。格好良かった。こうでなくては。応援しています。

  20. 逢坂さんがどうするのかと、ドキドキした思いで、こちらをこの数日、見ていました。
    無所属という断腸の思いとは思いますが、結論づけてくださったことに感謝します。
    やはり逢坂さんはブレないなと嬉しかったです。
    選挙民ではありませんが、一番信頼できる議員さんだと思っています。
    これからも応援しています。

  21. 逢坂さん、私は逢坂さんのことを今までほとんど知りませんでした。
    しかしながら、今回の無所属での出馬を決断されたことに最大限の敬意を表します。
    私は、今時の政治家は世襲議員と自己顕示欲の強いいやなヤツしかいないと思っておりましたが、
    そうではない方がいることを思い知りました。
    頑張ってください。応援します。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です