徒然日記

5月4日 その1742『逢坂誠二の徒然日記』



連休後半は、雨のスタートになった。

函館でも午後からは冷たい雨が降り、
夜には随分と強めに降ってた。

函館は今日も終日、雨の予報が出ており、
せっかくの休日だが残念な天候だ。

====

昨夜、最終便で都内入りした。

GW前半は、地元回りに専念したが、
後半の3日間は、
締め切りの過ぎた原稿や、
週明けからの仕事に向かって資料読みに、
充てる予定だ。

とにかく集中して、
取り組まねばならない。

1)原子力
昨日、函館市民会館で、
憲法記念日イベントの一環として、
「大間原発市民法廷」が開かれた。

大間原発訴訟の原告や代理人の皆さんが、
大間の現状を報告し、
法廷で訴える予定のことを模擬的に話して頂いた。

休憩もない二時間ぶっ通しだったが、
二時間が短く感じられるほど、
説得力のある 内容だった。

会場には、生憎の雨にもかかわらず
400人をこえる皆さんが集まり、
関心の高さが理解できる。

原発については、
存続のための理由を探すのが
難しい状態になっている。

限られた時間を
有効に使わねばならない。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・5・4 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です