徒然日記

18年2月2日 その3815『逢坂誠二の徒然日記』(5512)

昨夜から都内は雪になった。

目覚めると2センチほどの積雪だろうか。

午前4時の気温は氷点下1度。

日中は5度になるという。

先日ほどの積雪にはならない見込みだ。

1)予算委員会

今日から来年度予算案の審議がスタートする。

この間、質疑時間の確保を巡って、
与野党で激しい攻防があったが、
来週6日まで3日間の審議では
与党3対野党7の時間配分となった。

昨年までの2対8と比較し、大幅な後退だ。

自民党の伊吹文明元衆院議長が、
派閥の会合で次の主旨の発言をしている。

====
衆院予算委員会で与党議員の質問時間が増えたのに、内容に工夫が足りない。
よほどしっかりしないと、何のために質問時間を増やしたのかということになる。
====

この指摘、当然だ。

7日以降の審議でも、野党の質疑時間確保に向け、
その正統性を強く主張したいと思う。

報道では質疑時間比率だけが前面に出ているが、
質疑時間絶対値の確保が我々の要求の本質だ。

比率が議論の本質ではない。

過去の例から判断し、
最低でも野党70時間の確保を要求している。

佐川国税庁長官などの
証人・参考人の招致も強く要請しているが、
現時点で与党は全く応ずる気配はない。

酷い話だ。

集中審議の開催も要求している。

テーマは以下などだ。

#森友・加計・スパなどの疑惑
#アベノミクス
#政治とカネ
#外交・安全保障
#年金・医療
#働き方改革

====

来年度本予算案の審議に入り、
今日以降、予算委員会に
さらに没頭する日々となる。

体力勝負となる。

地元へ帰る機会が減るが、
とにかく全力投球だ。

2)原発ゼロ基本法案タウンミーティング

明日2月3日(土)北海道で、
原発ゼロ基本法案タウンミーティングを実施する。

大勢の皆さんに参加頂きたい。

====
函館 10:00-12:00
フォーポイントバイシェラトン函館
(申込:衆議院議員 逢坂誠二事務所 TEL0138-41-7773)

札幌 16:00-18:00
TKPガーデンシティ札幌駅前
(申込:立憲民主党北海道 TEL011-522-5830)
====

密度の濃い日々が続いているが、
今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==== ===      2018.2.2=======

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 国会での立憲議員の質疑は聞きごたえがあります。
    安倍首相が民主党政権をこき下ろす言葉がよく聞かれるようになったと思うのですが、それだけ危機感を抱いているのではないでしょうか?
    私は岡山での原発ゼロのタウンミーティングに参加します。
    お忙しい逢坂先生にはお会いできないようで残念ですが、立憲の集会に初めて参加するので楽しみです。
    逢坂先生お体を大切にしてくださいね。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です