徒然日記

18年2月8日 その3821『逢坂誠二の徒然日記』(5518)

連日、予算委員会に没頭する日が続いている。

今日も早朝から国会に入り準備を行う。

そのため他の用務は全くできない状態だが、
とにかく充実した審議のために全力を尽くしたい。

今朝も生存証明のみだ。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進だ。
==== ===
2018.2.8
=======

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 何が起きるかわからない真剣勝負の中にいて野党を率いるのは精神的にかなり疲れるだろうと思います。連日の国会での働き本当にお疲れ様です。

    今日は末松議員 VS の河野外相についてツイートしたところ何人かの人に絡まれました。絡まれても相手にしたくないので私は速攻ブロックします。話しても通じないような絡み方をする人は結構います。

    今日の国会質疑のラストの維新の方は北海道でトヨタの電気自動車を活用すればいいというような話をされていたのが妙にひっかかりました。
    北海道に電気自動車の特区とかつくりそうな感じがして。
    トヨタは原発推進している企業だと思います。

    立憲民主党が原発ゼロを前面に打ち出したことで、原発推進派の動きも積極的になってきたように思います。

    あまり周りの動きばかりを気にしても身動きがとれなくなってしいます。進むべき方向は決まっているので、変に考えすぎないようにブレずに曲げずにシンプルに進んでいくのがいいですね。私もそうすることにします。それにしても国会はおもしろいですね。

  2. 逢坂先生、連日お疲れ様でございます。
    今朝の朝日新聞に「立憲民主党の課題は人材不足」「特に国会議員は幹部級と一年生議
    が多く中間管理職がいない」と、ありました。

    逢坂先生は枝野さんに信任が厚く、幾つもの役職を兼務され激務をこなされるお姿を見るにつけ、私だけでなく、逢坂さんを応援している方々は健康面を心配しています。

    こんなにも誠実な逢坂さんですが、逢坂議員の優秀さが国会では反対勢力にとって、出来れば排除したい対象になってるのではと、思ってしまいました。

    「予算委員会が終わって、安倍さん麻生さんが逢坂さんの元に和やかに挨拶、今迄の国会審議がパフォーマンスとしか思えなくなります」と、先日に続いて再度同じ写真を載せた
    方がツイートしてました。
    逢坂さんの主義、主張、信念、日々の政務を拝見していて、パフォーマンス等と微塵も
    私は思いません。
    逢坂さんの人となりと、政治家としての資質を高く評価している方々は、こんな写真には
    惑わされません。

    でも、雰囲気と流れで立憲民主党が、何となく逢坂さんがいいと言う人達には「えっ」と、思わせてしまう写真ではないでしょうか。
    再三再四に渡って、安倍さんが舌鋒の野党筆頭理事である逢坂さんを狙うのは、立憲民主党の大切な宝である逢坂さんの力を削ぎ、立憲民主党の弱体化を狙ってるとしか思えないのです。
    今週初めの逢坂議員が質問に立った予算委員会が夕方終わった時、安倍総理は逢坂議員
    めがけて素早く席をたちましたが(と、私には思えましたが)すでに、逢坂さんが席に
    いらっしゃらず、ほっとしました。思い過ごしでしたらお詫びいたします。

    安倍さん、麻生さんは、逢坂さんの実直でお人柄の良い所を突こうとしてますから、どうぞくれぐれもお気を付けください。

    このメール読んで頂けると嬉しいのですが、お忙しくかなりお疲れのご様子ですので、
    無理でしょうね。
      お体に気をつけてください。
                             出田

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です