徒然日記

18年3月1日 その3842『逢坂誠二の徒然日記』(5539)

3月だ。

都内は強い雨と風の朝を迎えた。

朝の気温は7度程度と、
一気に高くなっている。

昨夜23時過ぎまで、衆院本会議が行われ、
来年度予算案等が、強行的な採決となった。

夜遅くまで国会対応が続く。

昨夜の睡眠時間も極めて短い。

完全な睡眠不足だ。

====

昨日も予算員会で質疑した。

裁量労働制について、
働き方改革法案から切り離すべきと総理に指摘した。

総理は、「きっちり実態把握しない限り、
政府全体として前に進めないという気持ちだ」と答弁。

結局、国会終了後の深夜になって、
働き方改革関連法案から
裁量労働制の適用範囲を拡大する部分を
削除することを発表した。

この間、厳しく政府を追及した結果の成果だと思う。

しかし高度プロフェッショナル制度は残ったままだ。

今日も通常通りの国会活動が続くが、
どこかで睡眠時間を確保せねばならない。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実 に前進だ。

==  2018.3.1  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ご苦労様です。
    本日、国会での逢坂さんを拝顔させて頂きました。
    少し、ガオッておるやにお見受け致しました。体に充分にお気をつけられるように。

    ところで、拘留されて大分なります「籠池夫妻」ですが、いつまでこの状態に置かれるのですか?これは、巷でいわれている、安倍総理の汚いやり方の自分の罪かくしではありませんか?お二人とも精神障害を起こしてあの世にお送りする事を考えておるやに思われます。
    大変な、事をする総理夫妻ではないかと国民は、見守っております。
    何とか出来ないものですか?

    野党の皆様の心を一つにして世の中に連れ出すことを考えて下さい。
    お願いいたします。  国民は、皆、思っております。

  2. 逢坂さんの毎回の厳しい追及と、野党共闘がとうとう実を結び、削除に追い込み、嬉しい限りです。
    政治って本当に生物で、どう転ぶか目が離せないです。
    ですから、逢坂さんの頑張りと、ご苦労、心痛、憤怒、様々なことが、伝わってきます。
    もちろん、いつも丁寧な発信のお陰でですが。
    いつもありがとうございます。
    高プロの削除も野党6党で要求を出してるそうで、要求が通るといいです。
    高プロは究極の裁量労働制との説明があり、高プロとは名ばかり、社畜となれ、と言う事
    なんでしょうか。

    逢坂さんの睡眠不足、極度の疲労、大きなストレス、私本気で心配してます。
    循環器系へのダメージ、恐ろしいです。
    合間に少しでも仮眠取れます様に。
    疲れてる時、風邪引きますから、仮眠でも暖かくして、寝て下さい。
       
                           出田

  3. 予算委員会で維新の人がやたら国会議員の働き方改革について言及しているのが何となく嫌な感じがしていたのですが、これは本会議での菅原さんのパフォーマンスにつながる付線だったのだと思いました。野党を陥れるための維新&菅原さんの三文芝居に国民が騙されると高をくくっていたのでしょう。野党議員が明確に抗議されたことがとてもよかったと思いました。黙っていてはなめられる!
    逢坂先生が今日は、ゆっくり眠れるといいのになぁと思いながら
    眠ることにします。
    おやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です