徒然日記

18年3月13日 その3854『逢坂誠二 の徒然日記』(5551)

怒りで眠れない。

財務省の公文書改ざん問題だ。

====

以下は、必須だ。


国会に原因究明のための特別委員会の設置


公文書管理法の大改正
(公文書管理組織の独立性を高める)


内閣総辞職

====

安部総理や麻生財務大臣の発言は他人事であり、
責任の全てを官僚に押し付けようとしている。

酷い話だ。

政権のために、誰に指示をされたか分からないが、
誤った手法で忠誠を尽くした官僚を
一刀両断に切り捨てる総理と財務大臣。

こんなトップに忠誠を尽くすのは馬鹿げたことだ。

====

今回の公文書改ざんを
財務省は書き換えと言っているが、
書き換えなどではない。

公文書一ページ分がごっそり削除されるなど、
情報の隠ぺいであり、改ざんだ。

「隠ぺい改ざん」を「書き換え」という言葉で取り繕っている。

安倍政権のお得意の
「共謀罪」をテロ等準備罪と称するような言葉遊びが、
今回も本領発揮だ。

こんな犯罪ともいえる隠ぺい改ざんがまかり通れば、
日本の民主主義の根幹が崩壊する。

日本の議会政治が崩壊する。

日本の公務員制度への信頼が失墜する。

安倍政権は、
この一年あまりの失われた
国会審議などの時間を どう埋め合わせし、
この異常事態をどう打開するのか、
早急に方針を明示すべきだ。

そしてNHKも酷い。

民放各社は、
朝のニュースで結構な時間を割いて
隠ぺい改ざん問題を報じた。

一方、NHKニュースは冒頭10分にも満たない報道だ。

NHKは政権に不都合なニュースを報じたくないのだろうか。

こうした公共放送の現実も日本の民主主義の危機の一つだ。

====

今夜BSフジのプライムニュースに出演する。

当初のテーマは、原発ゼロ法案だったが、
急遽内容が森友問題に変更になった。

出演は21時頃からだ。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.13  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 今日の財務省のヒアリングでの官僚からの話を聞いていると、どうやら一職員の判断に責任転嫁することに方向性が決まったように思えました。
    プライムニュースでの片山さんも財務省に責任を押し付ける方向へと話を持っていきたそうでした。そのうえ、政治的関与が感じられないという視聴者からのメールが読まれ、プライムニュースはやらせ番組かと思いました。
    逢坂先生はご自分の言葉でお話されるのでとてもわかりやすいです。
    片山さんはゆるぎない独特の世界観をお持ちのようで、官僚道とか言っていました。特定の人を必要以上に力を持たせて場を収める、弥生時代の卑弥呼政治を継承されているのかもしれませんが、危険な考え方だと思います。
    私は逢坂先生の提案される全ての人に通用する公正公平な制度づくりが必要だと思います。
    安倍政権の存在が今まで築き上げてきた自民党の信頼を一気に失墜させていることを自民党議員の方はまだ自覚されていないようですね。国民なめんなという声が届いていないのでしょうか?
    安倍政権の傍若無人な振る舞いによって破壊された日本の民主主義制度を立て直すために今の政権のままでは国民が納得しないところまできていると思います。
    自民の夢から一人でも多くの官僚や与党議員が覚めることを願います。
    逢坂先生も連日 本当にお疲れ様です。私は日本に逢坂誠二という政治家がいて本当に助かったと思っています。まだまだこれからが大変なので、ゆっくりおやすみくださいませ。それでは、おやすみなさい。

  2. 総理、財務大臣の他人事のような発言、責任を全て官僚に押し付けようとしている態度、許せません。これまでも安倍内閣を支持していませんでしたが、もう内閣総辞職しかありません。
    あまりにも国民を馬鹿にしている総理と財務大臣に怒って、初めてメールをお送りしました。
    お疲れのところとは思いますが、なんとか、国民のために踏ん張ってください。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です