徒然日記

18年4月18日 その3890『逢坂誠二 の徒然日記』(5587)

昨夜から都内は、少し強めの雨が降っている。

今朝は、屋根を叩く雨の音で目覚めた。

1)説明しない

昨日も、断続的に、
与党筆頭と予算委員会の開催に向けて、
筆頭間協議を行った。

しかし23日の委員会、3.5時間以上の開催は、
全く譲歩する気配はない。

以下のように、安倍政権には
議論すべき問題や課題が山積している。

政府や与党は、これらの点を
国民の皆さんに確実に説明しなければならない。

しかし委員会対応を見る限りは、
説明に後ろ向きで逃げ回っているとしか思われない。

こんな状態を見ると安倍政権は
政権末期症状なのだと思う。

特に、一昨夜、現役の自衛官が
野党参議院議員に繰り返し暴言を吐く
という前代未聞の事件が発生した。

これを受け、制服組トップの幕僚長が
当該参議院議員に謝罪をしたという。

しかし謝罪で済む問題とは思われない。

文民統制が機能していないその証拠の一つと思われる。

====

「(経済に関し)5年前より今の方が悪いという人は、よほど運がなかったか、経営能力に難があるか、なにかですよ。ほとんどの(経済統計の)数字は上がってますから。」

麻生財務大臣は、自民党議員のパーティーで
こんな発言をしているが、これも酷い発言だ。

なぜ5年前よりも悪いと感ずる方がいるのか、
という社会の現実を見ていないし、
困っている方に配慮する
という政治の役割を認識しない発言だ。

====

安倍政権は日本そのものに大きな危機を招いている。

2)安倍政権で、今、発生している主な問題

○ 財務事務次官セクハラ問題
 →辞任要求・麻生財務大臣の任命責任
 →女性記者への調査手法の妥当性

○ 加計「首相案件」問題
 →柳瀬・藤原の証人喚問
 →2015年4月2 日の官邸協議(柳瀬・愛媛県・今治市・加計学園)の内容解明

○ 財務省「森友」決裁文書改ざん問題
 →迫田・昭恵夫人・今井・谷の証人喚問(中村課長の参考人招致)
 →改ざん14文書の提出
 →ダンプ口裏合わせ問題、航空局ゴミ増量問題の解明

○ イラク日報隠ぺい問題
→シビリアンコントロール欠如
→非戦闘地域問題

○ 働き方改革データねつ造問題
→野村不動産過労死問題の解明

○ 教育現場不当介入問題

○ 国会議員に対する自衛官暴言問題

○ 佐伯総理秘書官の処分
○ 福井大臣スキャンダル

○ 茂木線香問題

今日は、早朝から弁護士会のとの勉強会だ。

気力を充実させて、
さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。

==  2018.4.18 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 茂木線香問題が遠い昔の事のように思えるほど次々に湧いてくる問題を全く解決することなく安倍さんはトランプさんに尻尾振るために渡米しました。欧米では嘘つきは、人として馬鹿にされる一番の要素なのに安倍さんは恥ずかしげもなく笑顔で写真を撮っています。しかし、隣のトランプ大統領の表情は固まったままです。安倍さんは人とのコミュニケーション能力が欠落していると思います。
    今日はリアルタイムで逢坂先生の動画を見ることができました。安倍政権の泥沼の中で戦いながら、逢坂先生はいつも爽やかで素敵ですね。
    それでは、おやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です