徒然日記

18年6月8日 その3941『逢坂誠二の徒然日記』(5638)

梅雨入りした東京だが、
今朝は爽やかな朝を迎えた。

とは言え、
日の出の頃の気温は既に20度。

日中は29度程度になる見込みだ。

1)カジノ法案

昨日の衆院内閣委員会の理事懇談会で、
与党からカジノ法案を今日、
採決するとの提案があった。

カジノ法案は、
今日の審議時間を入れても
たった18時間10 分しか議論していない。

与野党ともにカジノ法案は
重要な法案と位置付けている。

しかもカジノ方案が政府の言うとおり
経済成長の後押しになるのか、
地域振興になるのか、
依存症対策を講じて問題解決できるのか、
刑法との関係は問題がないのかなど、
議論しなければならない論点は多い。

カジノ法案の
国民の皆さんへの周知も十分ではない。

また先日紹介した、
韓国のカンウォンランドのように
地域づくりにマイナスと思われる面もある。

今日の強行採決などは、
到底考えれらない。

カジノ法案の強行採決がなければ、
今夕、帰函見込みだ。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.8==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 日本の政治は中央からのトップダウンで動くお金の力で地方の隅々にまで安倍化がいきわたっていたのですね。安倍さんはお金でコントロールできると思ってトランプ大統領にもアメリカのいい顧客であることをアピールしていますが、馬鹿にされていると思います。
    そんな卑怯で姑息な安倍政権に対し
    是枝監督の文科省への対応は人として真っ当だと思いました。
    維新や国民民主党は漁夫の利を得ようとしているようにみえます。
    逢坂先生はいつも清々しくてかっこいいですね。
    今日は新潟知事選挙の影響を恐れて、IRの強行採決はありませんでしたね。
    逢坂先生は無事に函館に帰函したでしょうか?
    北海道と東京を行き来しているので温度差が激しいと思います。
    くれぐれも体調管理にお気を付けください。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です