徒然日記

18年9月30日 その4055『逢坂誠二 の徒然日記』(5752)

台風24号が猛威をふるい、
各地で被害が広がっている。

その動向に神経を尖らせつつ、
各般の行動を行なっている。

====

昨日は、函館市内で、
アジア・アフリカ支援のコメ収穫の稲刈り、
第51回全国肢体不自由児者
父母の会連合会全国大会などに出席し、
今日の党大会に備えて夕方に上京した。

上京後は、立憲もふもふ党の皆さんと懇談をした。

立憲もふもふ党とは不思議な名称だが、
立憲民主党の自発的かつ緩やかな応援団と
私は認識している。

政治塾にも参加頂くなど、
私にとっては、極めて有り難い存在だ。

昨日は、1時間半に渡っての懇談となったが、
次回はもっとテーマを絞って
意見交換ができればと思う。

今日の党大会は、立憲フェスと称し、
イベント的色彩も盛り込んでの実施だ。

初の試みのため、試行錯誤も多いが、
全国から参加頂く皆さんと、
内容の濃い交流ができればと思う。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.30==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 立憲フェスでは逢坂先生にお会いできて嬉しかったです。
    思っていた通りで、初めてお会いしたのに初めまして感があまりありませんでした。
    原発ゼロミニトークは立ち見が出るほどの大盛況で関心の高さが伺えました。聞き応えのある意見交換も活発に行われて、あっという間に時間が経ってしまいました。

    台風が今も都内で吹き荒れていますね。被害が広がらないことを祈ります。

    とうとう沖縄に新時代が到来しましたね。玉城デニー知事が誕生した事はこれからの日本にとっても大きな事だと思います。

    それではおやすみなさいませ?

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です