徒然日記

18年12月15日 その4131『逢坂誠二 の徒然日記』(5828)

政府はなぜこんな
不誠実な対応をするのか。

国会閉会後、たった3日目で、
外国労働者受け入れ拡大に関する
基本方針などの要旨を発表している。

この程度のものは、
国会開会中に提示できたものだろう。

国会審議を避けるために、
あえて閉会後に出したとしか思われない。

====

また政府は、
日本語教育の水準向上のために
日本語学校の管理強化を図ることや、
外国人が住宅を確保するための仕組みを整えたり、
行政サービスの多言語化を進めたりする方向だという。

これも国会審議中は、
一言も口を開かなかったことだが、
国会終了後3日で、
こんな情報がもたらされる。

国会は憲法で、
国権の最高機関と位置付けられているが、
今の政府にしてみれば、
国会は政府の下請け機関程度の
位置付けかもしれない。

こんなことでは、
権力のチェックはできないし、
行政が私物化されてしまう。

ところで今の日本語学校は
開校時に年間授業数などの
基準がチェックされるだけ。

開校後の運営状況などを
管理する所管庁が実質的にない。

本当に教育をしているのかどうかも分からない。

これら日本語学校が、
就労目的の外国人の受け入れ機関として
悪用されているとの指摘もある。

国会開会中にこうした問題を指摘しても
知らぬ存ぜぬを通した政府だが、
国会終了と同時に饒舌になった。

国会審議を避けるために
こんな姑息ことするのか。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.15==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 会期中の有り様といい、「審議拒否」しているのは与党ですね。その実態について、報道が不十分なためかあまりにも知られていないように思います。「野党審議拒否18連休」「野党は反対ばかり」など、与党側に都合のいいフレーズは浸透していることとの違いを感じます。
    聞かれること自体を避けようとする、聞かれたことには答えない、そんな与党相手にどう話し合えと言うのでしょうか。

    安倍政権を支持する人びとが、そもそも国会での熟議を望んでいないのではないか、そんな危うい傾向を感じることがあり、気になっています。

  2. どうにも、ならない日本の国。
    どうすれば良いか、考えるべき時代に入ってきましたね。
    誰もが、思っている事でしょう。
    今まで安倍政権がやってきた事で、犯罪になる事がありますよね。何点も。
    これをもって、国民に知らしめ、事に当たる事を考えるべきでしょう。
    もう、我慢の限界です。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です