徒然日記

19年1月13日 その4160『逢坂誠二 の徒然日記』(5857)

函館は雲が多めの朝。

気温は氷点下6度。

====

ああ風流だなんて
ひとつ俳句でも ひねって

我々世代ならこの一節は、
吉田拓郎さんの「旅の宿」と
分かる方が多いと思う。

作詞は岡本おさみさんだ。

年が明け、俳句でも
ひねろうかと思っている。

特段、深い意味、理由があるわけではないが、
集中力を高め、物事を見極める意味もあり、
それには俳句が良いと感じたからだ。

普段しないこと行い、
短い時間に集中する訓練の意味があると
勝手に思っている。

それにしても「ひねる」という言葉は面白い。

大辞林(三省堂)によれば以下だ。

==少し長いが引用する==

1)指先でつまんで回転させる。軽くねじる。 「蛇口を-・る」 「口髭を-・る」 「銀煙管を-・りながら/社会百面相 魯庵」

2)体の一部をねじって回す。ねじって向きを変える。 「体を-・って後ろを見る」 「転んで足首を-・った(=捻挫シタ」

3)首を締めて殺す。 「鶏を-・る」

4)手間どらずに簡単に相手をやっつける。 「新人投手に-・られる」

5)深く考える。

考え出す。 「小難かしい理窟を-・りさうな気色が見える/社会百面相 魯庵」

(「頭をひねる」の形で)良い考えを生み出そうと,一生懸命考える。知恵をしぼる。 「頭を-・って考える」

(「首をひねる」の形で)問題が解決できずにあれこれ思案する。また,提出されたものが受け入れがたくて,どう処置したものかと思案する。首をかしげる。 「専門家も首を-・っている問題」

6 )あれこれ考えて普通とは違う物にする。趣向をこらす。 「 - ・った問題を作る」

7)あれこれ考えて俳句などを作る。 「一句-・る」

8)つねる。 「抓(つ)みも-・らせ給へ/源氏 総角」

9)小銭を紙に包む。おひねりを作る。 「幾らか紙に-・つて女中に遣つて置いて/雁 鷗外」

==以上、引用終了==

俳句をひねる前に
「ひねる」の意味を知っただけでも
何か有益な感じがする。

どんな俳句を
ひねることができるのか、
それは分からない。

少なくともひねるには、
良い俳句を作る意味はなさそうだ。

駄句でも良いから集中が肝心だ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.13==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。
    6番、普段 私が考えていることに似ている意味だと思いました。
    「押してダメなら、引いてみな」
    物事に行き詰まった時、突拍子もない行動に出ます。
    それが相手の意表をついて上手く行く事もあります。
    それでもダメだったら、諦めます。何もせずに諦めるより「当って砕けろ」です。砕ける事も多いのですが…笑

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です