徒然日記

6月30日 その1797『逢坂誠二の徒然日記』



都内は梅雨が終わったような
青空が広がっている。

予想最高気温は27度だ。

====

昨夕、帰函の予定だったが、
夕刻に打ち合わせ等が立て続けに入り、
都内に留まることになった。

1)見誤っている
ここしばらく金曜日夕刻の官邸周辺は、
原発再稼働に反対する方々のデモで、
騒然とした状態になっている。

その中でも、昨夕の参集人数は、
これまでの最高だったと報じられている。

私もその様子を目撃したが、
官邸前の道路は、
再稼働反対と叫ぶ皆さんで溢れかえっていた。

社保税一体改革も重要なことは事実だが、
総理は何か見誤っていないだろうか。

原子力発電に対する認識が甘いと感ずる。

日本の将来に向けて、
原子力発電をどうすべきか、
これを徹底的に論じなければならない。

しかし野田総理からは、
これに対する熱意は感じられないし、
脱原発依存と言いながら、
現実には原子力維持の雰囲気を感ずるのだ。

社保税一体改革は重要な課題だが、
この時期に原子力問題を論ぜずして、
いつ論ずるというのだろうか。

総理は、課題の優先順位を見誤っている。

今日は都内で講演があり、
それが終了次第、帰函予定だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・6・30 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お元気に活動されているようでなによりです。
    最近選挙ちかくなると必ずうちに来るある政党を応援するあまり親しくない親類が釧路からやってきました。ちかいということでしょうか。東京では反原発の運動が盛り上がっているんでしょうか?民主党は大震災後だんだん脱原発に傾いていくと期待していましたが、残念な方向に行っていますね。佐藤優さんが以前橋下大阪市長があくまで反原発でいけば
    財界からの支援が得られず政治生命が危ないといっていましたら、見事に橋下さんは夏だけとはいいながら再稼動に賛成、夏だけは絶対原発事故は起こらないと思ってるのでしょうか。その後の稼動について許さないなんて都合がよすぎて理解できません。
    はっきり言って、次の選挙では民主党は何人当選できるのでしょう?せめてもう日本で
    原発はやめると決めてから解散してほしいです。経済界と結びつきの多い自民党では
    脱原発はのぞめそうにもありませんから。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です