徒然日記

7月2日 その1799『逢坂誠二の徒然日記』



昨夕、都内入りした。

今日も雲の多い朝を迎えたが、
雨は降っていない。

でも路面がところどころ濡れている。

一晩中、雨が降っていたのだろう。

今日の予想最高気温は26度で、
徐々に天候が回復する見込みだ。

1)消防訓練
昨日、八雲町の消防総合訓練大会に出席した。

八雲町など噴火湾沿岸は、
昨年の東日本大震災で、
ホタテ養殖施設などが大きな被害を受けた。

その復旧作業にあたるため、
団員の参加は例年より少ないとのことだが、
160名余の消防職団員の参加によって開催された。

私も、入場行進、参加人員報告、
観閲までの一連の流れを拝見させて頂いた。

その後、全員に対する挨拶の機会を頂いたが、
地域住民の生命、安全、財産を守るため、
日夜努力をされている消防職団員の皆さんに感謝するとともに、
さらなる消防力の強化に努めることを話させて頂いた。

7月に入ったというのに、
昨日の八雲は、強い風が吹き、寒さを感ずる天候だった。

団旗を掲げる皆さんにとっても
相当に厳しい条件の中での開催だった。

そうした悪条件の中でも、
規律ある行動をされ、
その頑張りに敬意を表したい。

2)新幹線
先月29日、北海道新幹線の
新函館・札幌間の建設が正式に認可された。

この認可は、昨年末に決定したものだが、
政府では、この半年間、最終事務手続きを行い、
29日に正式に認可された。

====

北海道新幹線は、
私が中学一年だった1972年に基本計画に指定されて以来、
実に40年が経過しての建設認可となる。

ニセコ町職員時代、
さらにニセコ町長時代も
この認可について随分と活動を続けてきた。

その認可が、
私も最終決定に大きく関わる中で、
何とか実現できたのは感慨深い。

野党時代には、
スーパー特急方式など案が浮上したこともあったが、
全線フル規格での実現を決めることが出来たのも、
本当に嬉しいことだ。

今後は、
早期開業に向け
工事期間の短縮に
全力を上げねばならない。

今日の永田町は、
さまざまな動きがあることが予感される。
どんな激動のなかにあっても、
国民と国家の将来のために、
毅然とした行動を取らねばならない。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・7・2 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です