徒然日記

19年3月10日 その4216『逢坂誠二 の徒然日記』(5913)

今日は、砂糖の日だ。

語呂合わせで色々な日がある。

昨日は、北見から帰函後、
自宅にも戻らず、
即、地元活動に入った。

1 )板倉市議

今回の函館市議選挙に、
我々の仲間8名が出馬予定だ。

昨日は、その最後となる
板倉一幸市議の事務所開きが行われた。

板倉市議には、
立憲民主党8区総支部の幹事長だ。

そのため何かと忙しい日々となっているが、
確実な当選を勝ち取らねばならない。

2 )鹿部

昨夜は、鹿部後援会の皆さんに、
新春の集いを開催して頂いた。

年が開けて週末毎、
国会審議の合間を縫って、
各地で開催頂いているが、
本当に有り難い。

昨日は、参加頂いた皆さんと、
地域の課題や将来について、
夜遅くまで濃密なやり取りをした。

そのため帰宅も遅かったが、
充実の1日となった。

昨日の新千歳から函館への飛行機からの
雲海に春の光が当たり、
その光が機内にも反射していた。

その風景を改めて思い浮かべている。

「丸窓に春光照らす雲海や」

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.10==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です