徒然日記

19年6月28日 その4326『逢坂誠二 の徒然日記』(6023)

一昨日の予算委で発言を求める動議が否決された件、
ツイッター上で驚きの声が上がっている。

たった1、2分の発言を求めただけなのに、
それすら許されないとは、私自身も驚きだ。

誰かに質問をするとか、
質疑を繰り返し行うとかではない。

予算委員会が117日も開催しないことに関し、
1、2分の発言をさせて欲しいということが、
与党などの反対でできない。

ここまで口封じ、言論封殺を行うとは、
異常な状態となっている。

委員会の様子は、以下のツイッターで見ることができる。

@seiji_ohsaka

====

昨日、兵庫の桜井周代議士の招きで伊丹市を訪問し、
参院候補予定者の安田真理さんの応援に入った。

あいにく低気圧の接近する雨となったが、
二度の街宣とホールでの活動報告会に参加した。

街宣は時折、強い雨が降る中だったが、
安田真理さんは、スキーの国体選手だっただけあり、
フットワーク良く皆さんと握手をしたり、
話を聞いたりし、好印象だ。

活動報告会の前には雨も上がり、
多くの方に足を運んで頂いた。

本当に有り難く思う。

スキー競技はスタートしたら、
一心不乱、わき目もふらずにポールに向かう。

選挙戦もそんな気持ちで、安田真理さんらしく、
ブレずに進んでもらいたいと思う。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.6.28==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です