徒然日記

19年7月12日 その4340『逢坂誠二 の徒然日記』(6037)

昨日は、福山で森本しんじ参院候補の応援を行った。

今朝は福山駅前で街頭演説を行い、
引き続き森本さんへの支援をお願いした。

これから愛媛に移動し、
午後には永江孝子 参院候補の応援に入る予定だ。

====
安倍総理はアベノミクスによって
経済の調子が良いと言っているが、
地元や全国を歩くと、
それとは逆に生活が苦しくなったとの声が多い。

安倍総理はそうした実態に目を向けようとはしないが、
以下の数字を見ると、
国民生活が厳しい状況に置かれていることが分かる。

==アベノミクス6年の「実態」==

●賃金  3.6%の減少
 実質賃金指数:2012年=100 → 2018年=96.4

●消費  1割近く低下
 世帯消費動向指数(実質):2012年=100 → 2018年=90.7

●雇用  新規雇用の7割(304万人)が非正規
役員を除く雇用者数:5,161万人(2012年) → 5,596万人(2018年)
うち非正規雇用:1,816万人 → 2,120万人(+304万人)

●企業の休廃業・解散数  過去最多、安倍政権で7割増
27,266件(2012年)→ 46,724件(2018年)

●経済成長  名目も実質も低迷
 目標:名目3%程度、実質2%程度(10年間の平均)
 結果:名目1.8%、実質1.2%(6年間の平均)

●物価上昇目標  2年で2%達成が6年経っても未達
 目標:2015年度2% → 2018年度0.8%、2021年度1.6%(見通し)

●年金支給額   9,436円の大幅引き下げ
 230,940円(2012年度) → 221,504円(2019年度)
※夫婦2人分の標準的な厚生年金受給額

●生活保護  高齢者世帯は過去最多の89.5万世帯
 被保護世帯    158万世帯(2013年4月)→ 163 万世帯(2019年4月)
  うち高齢者世帯 70.9万世帯 → 89.5万世帯

●税収  消費税増税が支える「バブル期超えの税収」
         1990年度   2018年度
税 収    60.1兆円 → 60.4兆円
 うち消費税   4.6兆円 → 17.7兆円(+13.1兆円)※税率3%→8%
   所得税 26.0兆円 → 19.9兆円(▲6.1兆円)
   法人税 18.4兆円 → 12.3兆円(▲6.1兆円)

●財政健全化  健全化目標達成に失敗、5年先送り
目標:2020年度に基礎的財政収支を黒字化 → 2025年度に黒字化
結果:10.1兆円の赤字(2020年度)※消費税の使途変更による赤字増は1.7兆円

●国の借金  210兆円の増加、先進国最悪の水準
 公債残高:670兆円(2012年度末) → 883 兆円(2018年度末)

====
これがアベノミクスミクスの現実と言える。

だから我々は、直接、個々人の懐が潤うと同時に
家計支出を抑制する政策を提案している。

具体的には、
サービス残業一掃など
残業代の完全支払い、
官民の非正規雇用、
保育、介護などで働く皆さんの賃金の引き上げ、
中小企業への支援をしつつ最低賃金を引き上げる、
有給休暇取得義務など可処分時間の増加、
医療、介護、保育、障害にかかる
家計支出に上限を設ける総合合算制度の導入などを提起している。

今日もこうした政策を訴えて参りたい。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.7.12==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です