徒然日記

19年7月18日 その4346『逢坂誠二 の徒然日記』(6043)

昨日は、帰函し、以前から予定されていた行事に出席した。

その後、再上京し、今日は、関西、名古屋を回り、
夜はBS TBSの「報道1930」に出演する予定だ。

====
最近は、facebookの利用者、
あるいは利用が頭打ちとの印象がある。

選挙期間中は、ツイッター(@seiji_ohsaka)
での発信を増やしている。

多くの皆さんにご覧頂きたいと思う。

====
徴用工問題がどんどん深みにハマる印象だ。

日韓請求権協定で解決済みとの認識であり、
この間の韓国政府の対応は非常に遺憾だ。

韓国政府には日韓請求権協定に基づく
責任ある行動をとってもらいたい。

日本政府もそのことを明確に主張すべきだ。

また今回の韓国に対する輸出管理の強化だが、
こうした対応をすることがあることは理解する。

しかし政府は、このことによって、韓国は当然だが、
日本国内の産業、あるいはその他の国に対し、
どのような影響が出るのか、
それを十分に検討した上での
対応だったのか判然としない。

さらに結果的に、
韓国の納得がないままの措置発動となり、
両国間の対立を深めている。

政府がどうしようとしているのか、
それが全く見えない。

どんな状況であれ、
日韓で真摯に協議の場を設けるための工夫、
手練手管も含め、をすべきだ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.7.18==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。
    ―――――――――――
    ”徴用工問題がどんどん深みにハマる印象だ。
    日韓請求権協定で解決済みとの認識であり、
    この間の韓国政府の対応は非常に遺憾だ。”
    ―――――――――――
    確かに深みですね。
    また国家間の問題としては解決済みというのもその通りですね。
    後は韓国内の問題。しかし、日本政府が韓国内で問題解決を図れ
    というのは言い過ぎです。それは、韓国政府に3権分立を無視せよ
    という事に等しい。日本と違って、韓国の3権分立には明確な線
    があるように見えます。日本側が望むような韓国内での政治的解決は
    ほぼ無理でしょう。そうすると、今後、ますますこの問題に関する
    日韓の摩擦は大きくなります。

    しかし、それには安倍政権の態度にも大きな責任があります。
    そもそも、三菱重工他は、徴用工への補償は民・民の問題として
    賠償金を払う予定でいました(中国との同種の問題で、
    三菱マテリアルは賠償金を払っています)。それを止めたのが
    安倍政権です。安倍政権の態度が問題を拗れさせたいっても
    いいでしょう。

    そうしたことを考え合わせると、安倍政権の態度が変わらなければ、
    この問題は韓国内では強制徴収で収まるとしても、日韓の外交・通商
    問題としては、安倍政権が存在する限り解決は見込めません。
    ますます拗れるでしょう。

    そうした意味でも、政権交代は必要です。(付録^^;

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です