徒然日記

19年11月11日 その4462『逢坂誠二 の徒然日記』(6159)

函館の朝の気温は4度。

どんどん寒くなります。

====
昨日は、北海道衆院1区(札幌市)で
党員・パートナーズの皆さんと
意見交換を行ないました。

多くの皆さんにご参加頂き、
色々なご意見を頂きました。

党員とパートナーズのあり方については、
相変わらず多くの皆さんが
釈然としない思いを持たれています。

現在、幹事長のもとで、
そのあり方を検討中ですが、
早急な結論が求められます。

====
文藝春秋12月号に
我が意を得たりの記事がありました。

石井謙一郎さんの
「歯科治療「80歳で28本」歯を残そう」
との記事です。

私は以前から口腔内の健康が
全身疾患に大きな影響があると
繰り返し指摘してきました。

口腔内健康を保てば、
体全体の健康維持に大いに役立つため、
予防歯科に力を入れるべきと訴えてきました。

この記事はまさに、
私のその思いにそうものです。

興味のある皆さんには是非、
お読み頂きたいと思います。

====
昨日は札幌での意見交換を終え、
帰函後、知り合いの結婚式に出席しました。

人生の新しいページを開くお二人に、
心からの祝福を送らせて頂きました。

今日は街頭に立ち、その後、上京です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2019.11.10===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは、立憲パートナーズ会員のナオと申します、党員とパートナーズのあり方について検討しているとの事、是非!立憲民主党にも一般党員制度の新設をお願いいたします!これからこの党をさらに大きくしていく為には一般党員の獲得、入党が不可欠だと思います、

    <党員なくして政党なし!>僕はこう思っています、是非とも先生のお力で党員制度の新設をお願いいたします!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です