徒然日記

20年8月15日 その4740『逢坂誠二 の徒然日記』(6437)

戦後75年を迎えました。

先の大戦で亡くなられた多くの犠牲者の方々の御冥福を祈りします。

あの8月15日から長い月日が流れ、
戦争の体験を語ることのできる方々が
年々少なってきているのも事実です。

戦争の記憶が国民の中で薄れていく中で、
戦争の悲劇が忘れ去られるようなことがあってはなりません。

私たちには、戦争の記憶を語り継ぎ、
平和の尊さを次世代に伝えていく義務があります。

私たちは、新綱領案においても、
日本の外交・安全保障の基本姿勢である
国際協調と専守防衛を貫く立場を明確にしています。

この原点を忘れることなく、戦後75年の節目となるこの日に、
改めて国際社会の平和と繁栄に貢献する決意を新たにいたします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.8.15===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です