徒然日記

21年1月30日 その4908『逢坂誠二 の徒然日記』(6605)

昨夜、BS-TBSの番組に出演後の帰宅途中の空、
天頂に近いところに満月が輝いていました。

一瞬でしたが、冬の空を堪能しました。

====
コロナ感染に関し、今後、変異株が増えないよう、
最大の対策を講ずる必要がありますが、
政府の対策が十分ではありません。

日本では1月9日から入国者全員に、
抗原定量検査を実施しています。
(ということは1月8日までは全員検査ではなかったのです。)

無症状陽性者は、検疫所の指定する宿泊施設に留まり、
3日目、6日目に抗原定量検査を行います。

6日目に陰性の場合は、入国手続きが行われます。

6日目に陽性の場合でも、
無症状が10日間続けば、入国手続きとなります。

症状がのある方は医療機関で治療となり、
回復後、入国手続きとなります。

問題は1月8日以前の入国者です。

12月の入国者は、69,742人ですが、
これら全ての方に検査を実施しているわけではありません。

無症状感染者が入国してる可能性は否定できません。

現在、12月中に検査をせずに何名が入国したか、
政府に問い合わせておりますが、まだ報告がありません。

イギリスで変異株が確認されたのは12月14日、
その後、1月2日の時点では33カ国に
変異株が拡大したとされています。

この間、日本では検査をせずに
入国している方が少なからずいるのです。

なぜこのような対応になったのか、
改めて政府から話を聞くことにしております。

また変異株を見つけ出すための
ゲノム解析も十分ではありません。

これについては後日また、記したいと思います。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.1.30===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です