徒然日記

21年2月4日 その4913『逢坂誠二の徒然日記』(6610)

今日から衆院予算委員会で、
来年度予算案の質疑が始まります。

私は、明日5日の午前11時から正午までの30分間と
午後1時からの10分間、計40分間の質疑を行います。
(当初予定から30分後ろ倒しです。)

今日と明日はテレビ中継もあります。

今回は、ほぼ全ての時間を
コロナ対策に関する質問を行う予定です。

個人、事業主、福祉施設、医療機関など、
あらゆる業態が厳しい状況になっています。

また緊急事態宣言地域であるか否かを問わず
厳しい状況は全国各地に広がっています。

事業や個人への追加支援の要請を行う予定です。

これは他の議員も質問すると思いますが、
総理の答弁状況に応じて対応します。

また病床不足が深刻です。
その確保に関連する質問も行う予定です。

昨年12月14日、英国で1000件以上の
変異株感染が報告されました。

世界の多くの国は、この実態を受けて、
英国からの入国規制を強化しましたが、
日本で英国からの入国規制を強化したのは、
やっと12月24日になってからです。

この間に、英国からと思われる変異株が
8件確認されております。

一方、日本のゲノム解析は全陽性件数のうち、
数%から10%程度しか実施できておりません。

こうしたことを考えると、
変異種はさらに多い可能性があります。

菅総理は与党から中止要請も聞かずに、
ビジネス関係者の特例的入国を
止めようとはしませんでした。

やっと1月14日に停止したのですが、
発給済のビザ所有者の入国を20日まで継続しました。

現在、変異株は 66件確認されています。

渡航歴のない方同士の感染事例も確認されています。

こうした点について質問する予定です。

他にも質問を準備していますが、
30分と10分と限られた時間ですが、
丁寧に議論できればと思います。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.2.4===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です