徒然日記

21年2月27日 その4936『逢坂誠二 の徒然日記』(6633)

昨日、政府は大阪など6府県の
緊急事態宣言の先行解除を発表しました。

一方、関東4都府県について
3月7日の解除方針を打ち出す予定でしたが、
専門家から慎重意見があり、それは見送っています。

また今回は、正式な記者会見を開かず、
ぶら下がり対応となっています。

ぶら下がりの最後に、
「だいたい出尽くしているんじゃないでしょうか。
同じ質問ばかりじゃないか」

総理はこんな台詞を吐いて、質問を遮りました。

会見を開かず、これで締め括るとは驚きです。

山田広報官を会見で晒したくない
との意図があるものと思いますが、
広報官が表に出なければ、
広報官の役割を果たすことはできません。

広報官続投の判断は大きな誤りだったと思います。

====
連日、予算委員会をはじめとする
委員会の議事録を読み込んでいます。

議事録からは、委員室では聞き取れない、
微妙な答弁のニュアンスが伝わります。

委員室で音声で聞くことと同時に、
後に文字で読むことも
答弁を理解するために大変重要な作業です。

問題は時間がかかることですが、改善点もあります。

以前は膨大な議事録を鞄に詰めて、
移動などの空き時間に読んでいました。

しかし最近は、紙で受け取った議事録を、
即、PDF化してクラウドに取り込んでいます。

重たい大量の議事録を
持ち歩かなくても良くなったのは大きな進歩です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.2.27===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です