徒然日記

21年3月26日 その4963『逢坂誠二 の徒然日記』(6660)

東電が青森県東通村に、
5年間で30億円規模の寄付を
検討しているとの報道があります。

東電は東通村で原発工事を行なっています。

*地域を買収し政策の妥当性判断ができない
*東電は東日本大震災の賠償も十分にできていない
*柏崎刈羽の不祥事

様々な面から見て、東電の対応は私には異常に見えます。

====
昨日の東京の新規感染者は394人。

週間平均比は103.3%で、相変わらずの増加傾向です。

昨日、感染症の二人の専門家の方から
直接話を伺わせていただきました。

以下はその部分メモですが、
我々の思いと一致するところも多く、
参考になりました、

==以下、メモの一部==
*政府の緊急事態宣言の対策は失敗
*だから解除すべきだった
*その代わりの対策が必要だったが今はない

*これから感染が増える可能性高い
*対策は人の移動を抑制すること

*世界的には、感染者を減らすことで一致*感染者が増えても対策になるはありえない
*最終的にはゼロコロナを目指すしかない

*ゼロコロナを達成している地域を参考にして
追随する地域を増やすことが大事
*ゼロコロナを達成した地域にできる限り外部の人を入れない

*人の往来を抑えることは第一派以降注目されず
飲食店だけが注目されてしまった

*テレワークの徹底は鍵

*無症状検査は繰り返しと隔離がセット

*飲食店対策ではなく、飲食対策が正しい==以上、メモ抜粋終了==
政府は、なぜもっと専門家の意見を重視しないのか、私には理解できません。

====
厚労省は3月末からマイナンバーカードを
健康保険証として利用できるようにする予定でしたが、
全国での本格運用を断念するとのことです。

理由は試行段階でトラブルが相次いだためとのことです。

本格運用は10月以降に先送りのようです。

マイナンバーカードの保険証利用は
23年3 月末までにほぼ全ての医療機関などでの
導入を目標に掲げていましたが、
これも遅れる可能性があります。

政府の、特に厚生労働省のデジタル化は
トラブル続きで、先が思いやれます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.3.26===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂様
    デジタル庁設置法案への不安が高まっています。案文の誤りも多数見つかるなど、ずさんな仕上げが不安を倍加します。
    これらの法案の意図は何なのか、特に個人情報保護の観点から見ての問題点は何か、分かりやすく、立憲民主党としての見解を明らかに示してください。
    政府官庁が、国民の個人情報を一元管理するシステムには、情報の取り扱いの頻発する不備も含めて、現政府が信用できない今日、まずは法案を一旦保留にして、幅広い検討と理解が必要ではないでしょうか。

  2. 最近コメントの内容がのっていませんね、なぜですか
    それとSPAMとは何ですか

  3. 最近コメントの内容が載っていませんが、なぜですか
    それとSPAMとは何ですか

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です