徒然日記

21年7月6日 その5065『逢坂誠二の徒然日記』(6762)

都内は湿度の高い朝を迎えました。

昨日は、道議会の皆さんに同行し、
来年度予算に向けて各省庁に要請活動を行っています。

今日は、羽田空港の検疫体制を視察した後、帰函します。

1)散歩
先日、5時前に五稜郭公園に向かい、
大地を踏み締めながら
ゆっくりと星の公園を2周しました。

自宅からの往復で1時間弱のコースです。

その日の予定に応じて1周のこともありますが、
辿る道は同じでも、毎回、草木の様子も風景も違います。

街の色や匂いを楽しみながら、
歴史史跡を散歩できることの幸せを感じております。

2)閉店

6 月末で、また近所の個人商店が閉店しました。

50年以上続くお店ですが、
閉店を知らせる紙が貼り出してありました。

ここ数年、個人商店の閉店が本当に多いと感じます。

特にコロナ禍のなか、加速している印象があります。

閉店後、その店がチェーン店として
新たにオープンするケースもあります。

チェーン店が悪いとは言いませんが、
個人店独特の親しみが失せるのは、とても残念です。

人の繋がりが無機的になっています。

社会や地域のあり方を再考すべき時期です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.6===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です