徒然日記

22年2月6日 その5280『逢坂誠二の徒然日記』(6977)

昨日は、札幌経由で帰函しました。

函館の朝の気温は氷点下8度。

空に雲はなく東の空が徐々に赤くなって来ました。

1)大雪
ニュースでは知っていましたが札幌は雪が多く、
排雪が追い付いておりません。

道路幅も狭くなって夏の車線の半分程度も確保できない路線もあります。

毎年同じことを言いますが、
春になればとける雪とは言いつつ、
各地で雪との闘いは続きます。

今日も道内のJR87本の運休が既に決まっています。

除排雪予算の確保に向け、総務省、国交省にも要請して参ります。

2)プリンスホテル
あのプリンスホテル売却のニュースが流れています。

売却先はシンガポール政府系投資ファンドのGICです。

売却額は1500億円規模となる見通しですが、売却後もホテルなどの運営は続けます。

「ザ・プリンスパークタワー東京」(東京・港)、
「札幌プリンスホテル」(札幌市)、
「グランドプリンスホテル広島」(広島市)など、
スキー場やゴルフ場など約30施設をGICに売り渡すとのことです。

品川や軽井沢は売却の対象外になる見込みです。

映画「私をスキーに連れて行って」などに象徴される、
昭和の終わりから平成の初めの隆盛が夢のようです。

コロナの影響で日本のホテルは苦しい状況になっていますが、
日本は金利が安く、高い利回りが見込まれることから、
外資系ファンドが積極的に投資していると言います。

円安もその背景にあるものと思います。

経済安全保障の議論も進みますが、
日本の体力が削がれないよう、
不動産のあり方についても議論しなければなりません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.2.6===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。
    中央銀行が政権の意向に忖度して自国通貨の激安政策を取り続け、
    もはや元ヘは戻せないところまで来てしまったのを、外資に見透かされて
    いますね。安倍内閣は亡国政権であった、と歴史に刻まれるはずです。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。