徒然日記

22年7月26日 その5450『逢坂誠二の徒然日記』(7147)

夜明け前の都内、弱い雨が降っているかと思ったら、
急に強めの雨になったり、雨が上がったりと不安定な状態です。

終日、雲の多い天候のようです。

朝の気温は既に27 度程度、日中は31度との予報です。

今さら言うまでもなくありませんが、
最近の天候はかつてとは雰囲気が違います。

数年に一度の大雨が頻繁に降ったり、
局地的に雷や大雨になったり、
急に黒雲が出て豪雨になったりと、
大気の状態が不安定です。

温暖化の影響かどうかは、
ハッキリとは言い切れないのかもしれませんが、
地球の環境が変わっていることだけは明らかです。

1)サル痘
昨日、この日記でサル痘に言及したところ、
偶然にも昨日、国内での初感染が確認されました。

東京都内に住む30代の男性とのことです。

男性はヨーロッパで感染したと見られています。

厚労省は欧米などに滞在した人で、発疹などの症状がある場合は、
念のため医療機関を受診するよう呼びかけています。

2)総括
手元の辞書によれば「総括」の意味の一つは以下です。

「政治運動・組合運動などで、以後の運動のため、それまで行なってきた運動の方針や成果を自ら評価・検討すること」

党本部として参院選挙の総括を行うため、
今回の惜敗者の皆さんや所属国会議員をはじめ
多くの皆さんからご意見を伺っています。

これらは極めて大切なことなのですが、
私は「総括」という言葉を聞くとどうしても
1970年代の連合赤軍が思い出されます。

総括と合わせてリンチなど嫌な言葉が浮かんできます。

当時、小学生だった私には、刺激の強すぎる事件だったのだと思います。

そのようなことを想起させる言葉ですが、
とにかく参院選挙の評価、検討は確実に行わなければなりません。

参院選挙敗北の責任は現在の執行部にあるのは紛れもない事実であり、
責任云々という意見もたくさんあります。

今回の総括は、責任に言及することも重要だと思いますが、
それと合わせて今後の我が党の活動のよりどころ、
てがかりとなるものとしなければなりません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.7.26===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。