徒然日記

7月26日 その1819『逢坂誠二の徒然日記』



室温29度、寝苦しい夜を過ごした。

外の気温は既に26度程度。
最低は25度を下回らない熱帯夜のようだった。

夜明け前、青空ものぞく空には、
濃淡のある雲が広がっている。

予想最高気温は33度、今日も暑い。

====

オリンピック日本女子サッカーは、
カナダに2対1で勝利し、
白星発進となった。

素直に嬉しい。

1)グリーンランド
グリーンランドの地表を覆う氷床の表面が、
7月半ばにほぼ全域で解けたと報道されている。

30年以上にわたる衛星観測で例のない融解規模とのことだ。

グリーンランドの氷床は毎年夏、
表面全体の半分程度が解けるという。

今年も融解した面積の割合は、
7月8日の段階では40%。

ところが、4日後の12日には97%に急拡大したという。

今後、どう推移するのか分からないが、
海面上昇などにつながって行くのか、
継続した観測が必要だという。

またこれらの現象について、
幾本かの論文も出されているようだ。

余裕があれば、
それらにもあたってみたいと思う。

2)SL
福島県のJR東北線郡山―福島間を25日、
SL C61 120号機が復活運転をしている。

東日本大震災と原発事故からの復興を後押しする目的で、
JR東日本と県が企画した「SLふくしま復興号」の試乗会だ。

派手なヘッドマークもないC61が、
五両の旧型客車をつないで走る姿は圧巻だ。

C61120は、
群馬県伊勢崎市の公園に展示されていたが、
1年かけて走れる状態に修復したという。

C61はD51のボイラーを流用して製造されたものだ。

最近は、北海道を走る小型のC11しか見ていないため、
久々に大型のSLが見たくなってしまった。

====

昨夜寝る前に、こんなニュースを見たためか、
熱帯夜の寝苦しい中、
一晩中、SLや子どもの頃の、
懐かしい夢を見ていたようだ。

3)原子力に関連し
関電の八木誠社長が、
大飯4号機がフル稼働したことを受けて昨日、
次の再稼働候補に
高浜3、4号機(福井県)を挙げる発言をした。

この発言は、
この夏の電力不足を補う再稼働というよりは、
将来の日本エネルギーを見越してのものらしいが、
これは完全に踏み込み過ぎだ。

現在、将来のエネルギー政策のあり方を議論している最中だ。

それにも関わらず、既定路線を踏襲するかのような、
再稼働発言は、厳に慎むべきだ。

====

原子力規制委員会の人事案が世に出ている。

国会同意人事だ。

この候補者については、
国会で本人から、
政府の脱原発依存の考え方に沿っているのかどうか等、
いろいろなことについて、
しっかりと考えを聞く場を設けるべきだ。

それなしには、この人事の適否判断は難しい。

4)地方税化
消費税を地方税化し、
地方交付税を廃止することが
提唱されている。

消費税は地域毎の偏在が少ない税であり、
この案は一見、合理性があるように見える。

この案は、財政力の弱い団体ほど大幅な減収となり、
自由に使える財源の格差が相当拡大すると思われる。

この案に対し、
昨日の報道によれば、
北海道知事が賛同するかの発言をしているようだ。

北海道は私の予測によれば、
数千億円単位の減収になると思われる案であり、
慎重な検討が必要なものだと感ずる。

北海道知事は、
こうした北海道財政の現状を認識しての発言なのか、
ちょっと理解に苦しんでいる。

今日は上弦の月だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・7・26 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です