徒然日記

8月17日 その1840『逢坂誠二の徒然日記』



昨夕、都内から移動し、
今朝は札幌での朝を迎えた。

空一面に雲が広がりどんよりした天候だ。

もっとスッキリ、
爽やかな天候を期待していたのだが、
肩すかしをくった感じだ。

札幌の予想最高は26度、
東京は33度とのことだ。

昨夜は、札幌市内で
いつもご支援頂いている方々と
3段階に分けて、
久々に意見交換をした。

最近は、札幌に来ることもなく
不義理を重ねていたが、
国のあり方、地域振興、そして原子力政策など、
多方面にわたる意見交換をした。

気心の知れた方々ではあるが、
昨今の政治のあり方については、
皆さん厳しい見方をしており、
この状況をどう打開すべきについても話が及んだ。

原子力については、肯定的な意見の方は皆無で、
札幌においても
脱原発の雰囲気が広がっていることを実感した。

短時間、駆け足の意見交換だったが、
いつもとは違う視点からの
有意義な時間を過ごした。

お付き合い頂いた皆さんに
感謝、感謝の時間だった。

今日は、朝のうちに東京に移動し、
いくつかの会議に出席の後、
帰函する予定だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・8・17 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です