徒然日記

9月30日 その1882『逢坂誠二の徒然日記』




函館は、雨の朝を迎えた。



気温は19度、日中は23度程度の見込みだ。



台風の影響もあって、天候は極めて不安定だ。







1)熊石

昨日は、熊石で行われた産業まつりを訪問した。



焼きそば、イカ焼き、チャンチャン焼き、豆腐など、

たくさん美味しいものを頂いた。



その上、多くの激励も頂いた。



大変な状況だけど頑張れ、

党の状態はどうであれ逢坂さんに期待している、

原発問題にしっかり対応できるのは逢坂さんしかいない等

激励の言葉を数多く頂き、本当に有り難く、心強い限りだ。



福祉施設も訪問させて頂いたが、

地域の高齢者福祉の状況について

様々な状況を伺うことができた。



お世話になった皆さんに心から感謝している。







2)公共事業

公共事業について大いなる誤解があるようだ。



地域の皆さんの多くが、

民主党政権になって、

公共事業減っていると感じているようだが、

8区管内の状況は全く違っている。



私は、野党時代から、

必要な公共事業は

しっかり行うことが大事だと主張してきた。



公共事業は、単に減らせば良いというものではない。





管内には、防災や人の命を守ること、

高速交通網整備、産業振興などの観点から、

まだまだ必要な公共事業が多い。



そのため、政権交代以後、

管内の公共事業費は増加傾向にあるのだ。



しかし、管内の多くの皆さんは、

民主党政権が公共事業を

減らしていると感じているようだ。



特に専門家である建設協会の皆さんから、

そのような言葉を聞くのだが、

それは全く逆の状況だ。



====



公共事業が大幅に削減され続けたのは、

前政権下、特に小泉政権時代に

大きく削減されている。



多くの皆さんは、

こうしたことを忘れてしまったのだろうか。



====



2015年度の(仮称)新函館駅開業に向け、

新幹線事業予算は、本年1,124億円と、

この地域の公共事業としては、

史上トップクラスの予算付けになっている。



来年度も1千億円台の予算計上を見込んでいる。



====



現実の予算と、

地域の皆さんの評価は随分と違っている。



政治や政権に対する評価は、

事実をしっかり把握して判断するよりも、

何となくの感覚で批判気味に行われることが多い。



こうした誤解を丁寧に解かねばならない。







今日は満月、中秋の名月だが、

それを見るのは難しそうだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・9・30 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です