徒然日記

11月4日 その1914『逢坂誠二の徒然日記』





函館の夜明け前、

雲の多い雰囲気だったが、

時間とともに雲の切れ間から青空が見えてきた。



朝の気温は7度。



日中は11度程度の見込みだ。







1)オープン・ミーティング

函館市内で開催した、

28回目のオープン・ミーティングに

大勢の皆さんに参加頂いた。



原子力政策に厳しいご意見も頂いたが、

充実した90分となった。



昨日は、冷たい風の吹く一日だったが、

多くの皆様におこし頂き感謝している。







2)街

函館市内で発刊されているタウン誌「街」が、

10月発行の536号で最終号となった。



「街」の創刊は1962年。



2005年にいったん休刊したが、

2006年に季刊誌として再出発。



「街」は、私にとっても楽しみの一つだった。



「街」を読むと

函館の底力、奥深さを感ずることができる。



具体的で表面的な内容ばかりではなく、

一過性の言葉で簡単に語ることのできない、

醸し出すような函館の力を感ずることができるのだ。



何でも分かりやすく伝えて、

ものごとが平板になりがちな昨今の中で、

少々、小難しさもある。



それが、ピリリと辛い山椒のような

内容を引き締める役割を果たしている。



爆発的な人気がある「街」ではないのだと思うが、

いつも気になる存在の「街」。



それが最終号となるのは、何とも寂しい。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・4 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です