徒然日記

6月9日 その1182『逢坂誠二の徒然日記』



都内は昨朝に引き続き、
雲の多い朝を迎えています。

まだ梅雨入りではありませんが、
梅雨一歩手前の雰囲気のある天候です。

1)総理大臣補佐官
昨日15時30分頃、官邸に呼ばれ、
菅総理大臣から総理大臣補佐官をお願いしたいと話があり、
鳩山政権に引き続き総理を補佐することになりました。

辞令上の担当は、
地域主権、地域活性化、地方行政ですが、
総理補佐官はこれらに留まらず
広い分野を担う場合も多くあります。

辞令交付は昨夜の22時頃でした。

他の3人の総理大臣補佐官とともに、
総理から辞令をもらい、
その後、記念撮影を行っています。

====

今回の辞令交付は、モーニング着用。

残念ながら私はモーニングを持っていません。

辞令交付との連絡を頂いて、
即、ホテルの貸衣装屋さんに連絡して、
モーニングを大わらわで用意しました。

====

今日からまた新たな気持ちで、
政府の一員として菅総理を支え、
国民の生活が第一の政策の実現に向けて邁進します。

なお、今回の総理大臣補佐官の再任にあたり
多くの皆様から、お祝いや励ましを頂きました。

本当に有り難うございます。

この場をかりてお礼申しあげます。

2)テレビ・ラジオ&Twiiter
6月5日、札幌での「新しい公共」に関する活動の後、
FM三角山の生放送に出演しています。

その後、深夜25時45分から27時15分まで、
UHBテレビの政治討論番組に同じく生出演しています。

今回は、あらかじめ局側の了解を得て、
出演中にTwitterで呟いてみました。

====

今回呟いたのは、色々と理由がありますが、
テレビの画面やラジオのスピーカーの
向こうとこっちの同時刻性を共有したい、
あるいはそれを共有するためのツールとしての
Twitterの役割りを確認したい、
そんな思いで呟いてみました。

その結果、予想した通り、
視聴者や聴取者と良い雰囲気が醸せた感じがします。

しかし、その反面、
話しながらキーを叩き、
どれほど内容のあることを呟けるかが、
一つの鍵だと感じました。

またテレビの場合、
PCに向かっていることが、
話の輪に参加していないよう見えるため、
ちょっと不真面目に映るようです。

そのためテレビに出演しながら、
討論番組で呟くのは少し無理があるとの、
見方もあるかもしれません。

しかし、まだ工夫の余地がありそうです。

また話しながら内容のあることを書くのは、
少し訓練すれば、
もう少し技は向上するかもしれません。

3)地域主権改革
鳩山政権のもとで、地域主権改革は、
ほぼスケジュール通り進んでいます。

しかし今回の総理に交代によって、
そのスケジュールをどうすべきか、
ちょっと思案の壁に突き当たっています。

====

本来の予定では、
地域主権戦略大綱を参議院選挙前に
閣議決定を行うこととしていました。

今回の総理交代で、
このスケジュールに約1週間の遅れが生じました。

単に大綱決定だけのことを考えると、
国会会期の多少の延長があればベストです。

しかし、今の状況を考えると
会期延長がない場合も、もちろん想定できます。

その場合でも、選挙前に大綱を閣議決定するとなれば、
相当タイトな日程の中での議論になります。

菅政権がスタートして、
地域主権改革議論の日程について、
思案のしどころですが、
全ては国会日程にかかっています。

国会日程が決まり次第、方向を明確にします。

辞令交付などのため昨夜の帰宅は遅く、
睡眠不足です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2010・6・9 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です