徒然日記

12月31日 その1958『逢坂誠二の徒然日記』





今年最後の日記だ。



この一年間も、皆様にお世話になった。



数多くの皆様に支えられて、

今年を過ごすことができた。



心から感謝している。







1)経済

マスコミが行う世論調査で、

国民が政治に期待することの上位に上がるのが、

「景気の回復や経済の活性化」といった項目だ。



確かに理解できなくはない。



新政権も、

金融緩和と公共投資によって、

景気の回復をめざすことが、

当面の第一目標だと言う。



これも確かに正しそうに聞こえる。



市場における自由な経済活動が社会の活力を生み出し、

国民生活を豊かにする必要条件であることは理解する。



しかし、それだけで十分なのかを、

良く考えてみる必要がある。



====



社会構造がどんな状態であれ、

経済が活性化すれば、

国民が幸せになるというものではない。



経済の活性化がどんな形であれ、

とにかく景気が浮揚すれば、

社会が良くなるというものではないはずだ。



どんな社会があるべきものであり、

その社会の中で、どんな経済のあり方が良いのか、

こうした視点を抜きにして、

単に経済が活性化すれば何とかなるほど、

今の社会は単純ではない。



今回の新政権には、

この視点が欠落している、そんな印象を受ける。



実は、日本経済新聞にも、

この視点が十分ではなく、

日本の将来に危うさを感じている。



====



経済面での自由な競争は促しつつ、

いわゆる経済や景気の活性化を目指すのは大事なのだが、

私たちのあるべき社会をあり方を

常に意識した経済でなければならない。



より具体的には、

雇用や人材育成といった面でのセーフティネットなどにも配慮しつつ、

国民の暮らしの豊かさに力点を置いた経済や社会を意識しないで、

単い経済や景気の活性化を考えることは、

ありり得ないということだ。



国民が豊かさや幸せを感ずる社会の構築のために、

経済の活性化は必要条件ではあるが、

それだけでは十分ではないことを、

少なくとも政治の場にいる人間は知るべきだ。



政治と経済の違い、その根幹を知らなければ、

利益追求一辺倒の暮らし難い国になってしまう。



留意が必要だ。







日本や地域の将来について、

思うことは多々ある。



しかしこの年末年始は、

少し心穏やかにしつつ、

過ごしたいと思っている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・31 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 一年間お疲れ様でした。
    今日書かれている危惧は、私も感じています。ただ、国民の意識が、今はその方向へどっと流れているのも事実だと思います。今後の政治に期待することは、新政権のもとの経済活性化と、野党の皆さんが、その危うさに対する的確な指摘をしていただくことです。

    とにかく、逢坂さんにおかれましては、穏やかに過ごされて、しっかり体を休めながら、この国のために次への行動を取っていただきたいと思います。私も、遠い沖縄の地から、心より応援しています。

    来年が、貴殿にとって素晴らしい年になりますよう念願しています。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です