徒然日記

2月16日 その2005『逢坂誠二の徒然日記』





昨夜、八雲町内で、会合があり、

そのまま宿泊したため、

今日は、八雲町で朝を迎えた。



空全体に雲が広がっているが、

雪は降っておらず、穏やかな朝だ。



====



JR函館線に面した部屋にいる。



6時19分に寝台列車カシオペアが通ったはずだが、

気づかなかった。



と思ったら、10分程度遅れ、今、通過した。



次は、7時15分頃の函館行き

普通列車が通過するはずだ。



窓から列車が見えるのは、

何となく楽しい。



====



八雲の今の気温はマイナス8度。



日中もマイナス4度の真冬日となる見込みだ。







1)隕石

ロシアのウラル地方チェリャビンスク州で

15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、

隕石が落下し、千人をこえる負傷者が出たとのニュース、

世界を震撼させている。



実は先日、知人と

小惑星「2012 DA14」が、

この2月15日(日本時間16日)に

地球近傍を通過するとの話をしていたばかりだ。



この小惑星は直径45メートル、

推定重量十数万トンで、

日本時間16日未明にインド洋上空で、

高度2万7700キロ付近を通過する見通し。



今回は、

地球に衝突する恐れはないが、

観測史上最も地球に接近した

小惑星になると言われていた。



しかし、今回のニュースを聞くと、

本当に無縁なのかと考えてしまう。



ロシアでは過去にも

大きな隕石の落下と思われる現象があった。



これは、1908年、西シベリア上空での

「ツングースカ大爆発」として知られている。



人が住んでいない地域での爆発だったため、

死傷者は出ていないが、

2000平方キロメートルに渡って

樹木8000万本がなぎ倒されたという。



====



ほとんど起こらないことの例えとして。

「隕石が当たるほどの確立」

などという言い方をすることがある。



しかし過去にも小惑星の落下は現に起きている。



もしこの落下が、

原子力発電所の上空だとすれば、

ゾッとするような大惨事になってしまう。







今日は終日、

八雲町内で活動する予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・16 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です