徒然日記

10月14日 その1247『逢坂誠二の徒然日記』



東京の日の出は、午前5時40分過ぎです。今朝は、小雨が
降っていますが、気温は既に20度を超えています。一方、北海道では気温一桁
台のところが少なくないようです。

昨日は、朝の総務部門会議に始まって、隙間なく密度の濃い日程となりました。
今日も、早朝から昨日と同様なスケジュールとなる見込みです。

1)一括交付金
いよいよ、一括交付金の具体的制度設計について、各省との議論が始まります。
各省からは様々な意見が寄せられる見込みですが、総理からは、円滑な制度設計
に協力が得られない場合等は、人事権の発動を示唆するような発言もあります。
また昨日の予算委員会でも、一括交付金についての議論もありました。

色々と越えなければならない課題もありますが、一括交付金については、多くの
皆さんが期待しています。制度導入当初は、色々な隘路もあろうかと思います
が、最終的には、国民全体の利益になることであることを心に銘じつつ、制度設
計に向かわねばなりません。

2)チリ鉱山
チリ鉱山で地下坑道に閉じ込められた33人の救出作業が進んでいます。69日
ぶりの奇跡の救出で、世界が固唾を飲んで見守っています。どれほどの恐怖感、
どれほどの劣悪な状況の中での69日間であるか、それは簡単には想像もできな
いものです。カプセルに乗って、引き上げられている15分間も相当な不安感が
あるものと思われます。とにかく、一刻も早い全員の救出を期待しています。

今日もいつもよりさらに早く朝の会議がスタートします。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2010・10・14 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です