徒然日記

12月28日 その1257『逢坂誠二の徒然日記』



都内は雲の無い朝を迎えました。気温がぐんと下がって今は
3度程度とのことです。

一昨日、都内と八雲町を往復したのですが、北海道の降雪により、綱渡りの移動
を余儀なくされました。函館行きの飛行機は、函館空港使用不能の場合、新千歳
着陸か羽田引き返しの条件付きで離陸。結局、無事に函館空港に着陸しました
が、今度は、函館八雲間がノロノロ運転でいつもの1.5倍の時間がかかる始
末。八雲から函館への復路はさらに時間がかかり、予定の飛行機に乗れず散々な
移動でした。でも八雲町ではなんとか、笹田浩さんの事務所開きに間に合って、
激励の挨拶ができました。

1)地域主権戦略会議
昨日午前10時から官邸で第10回目の地域主権戦略会議を開催し、地域主権戦
略交付金の額や出先機関改革のアクションプランなどを決定させて頂きました。

昨年の12月以降、多くの皆さんに支えられながら、総理のリーダーシップのも
と進めてきた会議です。ほぼ予定通りの成果を上げることができています。

この間は、取り組みの方向性を考える一年でしたが、来年以降、具体的な行動の
ウエイトが高まる段階に突入します。

昨日の会議では、戦略会議での決定が政府の決定であることも改めて確認をさせ
て頂き、今後、この会議の重要度合いがさらに高まります。

2)子ども子育て新システム
昨日、子ども子育て新システムに関する、政府内部の打ち合わせ会議に出席して
います。

この場で、過日、函館で行った意見交換会での懸念事項等を発言し、担当される
副大臣や関係部署の皆さんと、現状に対する情報共有ができたと思います。

今後は、関係者はもとより、自治体関係者とも濃密な連絡を図りながら新システ
ムへの取り組みを進める必要があります。

3)起債
昨日、川口市役所を訪問し、起債手続きの現状について、直接事務を担当される
皆さんから話を聞きました。

その結果、国の関与は、20年前、私が起債を担当していたころと、さほど変化
がない、あるいは分野によっては関与が強まっているような印象を受けていま
す。

国の無用な関与が多すぎると、改めて感じたところです。この点、さらに改善で
きるよう、取り組みを進めます。

川口市役所の皆さん、有り難うございます。

今日は下弦の月です。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
  2010・12・28 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です