徒然日記

1月11日 その1270『逢坂誠二の徒然日記』



都内は今日も、寒い朝を迎えています。北海道も今年一番の
寒さになっているようです。なんと函館の最低気温は、過日よりもさらに低く氷
点下13度とか…、ニセコも氷点下14度のようです。水道の凍結が心配です。

1)かつら共同作業所
昨日は、大雪のニセコから八雲に移動し、かつら共同作業所と手をつなく育成会
合同の新年会で挨拶をしています。新しい公共、支え合いの社会の話を紹介させ
て頂きました。

====

色々と楽しいこと辛いこと悲しいことがあったが、もう80歳になる。しかし
300歳まで頑張る。

====

矢羽々所長がこんな挨拶をされました。矢羽々所長のご苦労を思うと、言葉もあ
りません。しかし、どんな困難な中でも、明るさ前向きさを失わない矢羽々所長
の姿勢、本当に多くのことを教えられます。

昨日の矢羽々所長の挨拶を聞いて、改めて勇気を頂きました。

有り難うございます。

2)成人式
昨日、函館市民会館での成人式に、来賓として出席しています。

函館に移って4回目のお正月を迎えていますが、成人式には初めての参加です。

====

函館市の今年の新成人は2,401人です。

市長挨拶の間も、新成人の皆さんは立って歩き、ざわついています。なるほど、
最近の成人式の雰囲気です。

多くの女性は振袖姿で、実にきらびやかです。さぞかし準備が大変だっただろう
と思わせます。男性も、スーツよりも羽織袴姿が多いようです。スーツも、羽織
袴も、ヘアースタイルも人生の中で、そう何度もしないような、そんな着こなし
です。私が二十歳の頃なら、最も嫌ったであろう、着せ替え人形的非日常の姿が
そこにあります。振袖を着る女性の気持ちは多少分からなくもありませんが、あ
あした衣装に身を包む男性は、一体、どんな心持で、その姿をするのか、その真
意が必ずしも読めません。そしてその着こなしは、男性も女性も、奇抜ではあり
ますが、必ずしも独創的ではなく画一的です。そういえば、会場内の動きを見て
いると、単独で動く方は少なく、多くの場合、男性も女性も数人が群れながら一
緒に行動しています。目立ちたいけど、みんなと一緒…、こんな相反する状況が
同居しているのが、彼らなのでしょうか。

市長の挨拶への無視を装った彼らの多くは、アトラクションのバトン・パフォー
マンスに注目し、熱心に手拍子を送っていました。綺麗に着飾った若者たちのそ
んな姿を見ていると微笑ましくもあります。

色々な思いが去来しますが、とにかく、とにかく、逞しく進め、新成人諸君。

3)道南の倒産
東京商工リサーチ函館支店が、昨年の道南の倒産件数は22件、負債総額は
217億7,200万円であったと発表しています。これは前年より15件少な
く、金額も175億2,800万円減であり、過去十年で最少とのことです。

これは、企業の業績回復よりも、国の各種金融・経済対策が下支えとなったと、
商工リサーチで見ているようです。国の対策が、効果を発揮したことは良かった
と思いますが、もちろん楽観などできる状況ではありません。今後とも、地域経
済の活性化のために、様々な手を打たねばなりません。

4)JAL羽田函館
9日、JAL大西社長が函館空港訪問を訪問し、社員を激励したとのニュースが流
れています。

この中で、同社の函館・羽田間が昨年の1便当たり収支で3位とのことです。大
西社長は、こうした状況を踏まえ、この路線強化の方針を示しています。

函館市民として、これは大変嬉しいニュースです。

函館地域の観光などの潜在力はまだまだ高いものがあります。しかし、昨今、航
空路線の縮小などで、その潜在力を埋もれさせる可能性があったのです。函館地
域の活性化のためには、こうした航空路線の強化は必須のことです。

また大西社長は、2015年に函館開業する新幹線について、「競合ではなく、
一緒に何かをする関係」と述べており、商品の組み合わせ等も念頭にあるようで
す。こうした見方についても、大いに歓迎したいと思います。

5)否定と肯定
以前から、強く懸念していることがあります。

====

それは、人は多くの場面で依存的であり、その依存先に対して否定的だというこ
とです。

苦しい局面にある場合、多くの人たちが、自立的ではなく、他に依存しがちにな
ることを、頭から否定する気はありません。ある種、当然と思われる局面が少な
くないのも事実です。それにしても、どうもそうした場面が多すぎる印象です。

加えて、他への依存的な場面で多くの場合、自分が依存する他に対して、極めて
否定的であることが多いのです。

自己努力よりも他への依存、さらに依存する他を否定する…、こんなことでは、
山積する問題解決をより難しくするのではないかと感じます。

依存から自立へ、そして否定から肯定へと、気持ちを切り替えるだけで、世間の
風景は随分と違って見えるのではないかと感じています。

今日は都内で、通常モードの仕事体制に入ります。午後には、スウェーデン大使
館で、大使らと自治について懇談する予定です。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2011・1・11 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です