徒然日記

2月4日 その1292『逢坂誠二の徒然日記』



今朝は都合により、朝のうちに日記を書けませんでしたの
で、(ちょっとアリバイ的)イレギュラーな夕方の配信です。

1)地域自主戦略交付金
ひも付き補助金を廃止して一括化する「地域自主戦略交付金」について、予算委
員会でも色々と議論がスタートしています。

これは長年続けている「補助」という制度の大きな変更です。
このため初年度から、さらに今の時期から、全ての詳細を決めきることは現実的
ではなく、自治体との意見交換や国会の場での議論など、慎重かつ丁寧に制度の
詳細を詰める必要があります。また大幅に補助金額が変更すると、自治体現場に
混乱をきたすことも考えられますので、継続性にも配慮しなければなりません。

一括化による、効率化率、予算の削減率を問われる場面があります。
地域自主戦略交付金は財源確保が目的ではありません。自治体がこの交付金を効
率的に使用することによって、その結果として財源の削減につながるものだとの
理解が必要です。頭から財源捻出の手立てとするのではなく、複数の事業を一体
発注をしたり、年度間で細切れに工事をしていたものを大括りにするなどの工夫
によって、最終的に少ない財源で仕事が済むようにすることが、この一括化の狙
いの一つです。

だから予算の段階で、何パーセント効率化したかだけが論議の焦点になるのは、
少し気が早すぎると感じています。

2)TPP
昨日、TPPに関する識者の話を少しだけ聞きました。TPPにつていは、聞けば聞く
ほど、解決しなければならない課題の多さに気が付きます。単なる経済の問題で
はなく、国のかたちを考える大きな課題です。いずれまた論じたいと思います。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
    2011・2・4 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です