徒然日記

7月7日 その2144『逢坂誠二の徒然日記』





函館は、雲が多いが、

雲の間から青空がのぞく朝を迎えた。



この2日間、

小川勝也参議院選挙候補とともに、

桧山・渡島両管内を走り回った。



ずっとマイクを握っていたことや、

窓を開け放った選挙カーで

風に打たれ続けたこともあり、

顔が火照ると同時に、

体全体に、若干の疲労感がある。



しかし、各地で多くの皆さんから、

激励、支援の声を頂き、

本当に有り難く、多くの勇気を頂いた。



今日の函館は、朝のうちは雲が多いが、

昼過ぎから晴れ間が多くなるようだ。



朝の気温は20度程度、

日中は27度まで上がる見込みだ。







1)事故

朝4時過ぎ、

アメリカから航空機事故の

ニュースが飛び込んできた。



サンフランシスコ空港で、

日本時間7日未明、

ソウル発サンフランシスコ行きアシアナ航空214便、

ボーイング777型機が着陸に失敗して炎上したという。



乗客291人、乗員16人が搭乗していた。



2人が死亡し、

61人がけがをしたとの情報が流れている。



原因など、詳細は分からないが、

胴体上部が焼け落ちている映像が流れている。



====



一方昨日、午後3時45分ごろ、

八雲町山崎駅・鷲ノ巣駅間を走行中の

函館行き特急北斗14号の床下から

出火する事故が発生した。



火は消火器で消し止め、けが人はなかった。



JR北海道の列車の出火、発煙トラブルは、

今年5件目であり、

JR北海道の列車運行は、

相当に深刻な状態と判断せざるを得ない。



====



内容は違うが、深刻な事故情報が続く。







2)八雲山車行列

昨日は、小川候補との遊説を長万部で終了し、

函館に戻り会合に参加する予定だったが、

多くの方々から、

是非、八雲の山車行列を観るべきとのアドバイスを頂き、

予定を変更し、夜遅くまで山車行列を楽しませて頂いた。



八雲の山車行列は、今年で31回目。



北海道三大あんどん祭といわれる。



以前にも、八雲山車行列にお邪魔したことがあるが、

長時間滞在して最後まで観たことはなかった。



今回は、

二日目の出発から夜10時近くのフィナーレまで、

祭の全てを観ることができた。



20以上の山車が、役場前から八雲駅前広場まで、

踊りなどのパフォーマンスと一緒に、街を練り歩く。



沿道には、近隣の自治体を含め、

多くの観客が繰り出して、

行列を楽しんでいた。



私も行列と一緒に駅まで歩かせて頂き、

多くの知り合いにも会うことができた。



素晴らしいお祭り全体を、

シャワーを浴びるよう楽しませて頂き、

貴重なひと夜を過ごすことができた。



関係者の皆さんの配慮に心から感謝している。







3)横暴

自民党がTBSの報道内容に抗議し、

党幹部への取材や番組出演を拒否したらしい。



ところが、一昨夜、

自民党は「TBSが謝罪した」として、

取材拒否を止めることにしたようだ。



====



このニュースを聞いて驚きを禁じ得ない。





報道内容が抗議すべきような、

事実に反するものだったのか、

これが不明





それなのにTBSが、

謝罪したらしいのはなぜか



この2点がハッキリしていない。



報道内容が間違っていないならTBSは、

謝罪する必要はなく、毅然とした態度で臨むべき。



報道内容が間違っていたならTBSは、

その間違いを明らかにして、キチンとした謝罪をすべき。



この二点とも明確になっていない。



====



さらに報道によれば、

複数の政府や党関係者からの情報として、

党幹部に取材拒否を指示したのは

党総裁でもある安倍晋三首相だという。



これにも驚きだ。



強い権限を持つ政権与党と政府が、

事実をハッキリさせずに、

報道機関に圧力をかけたような雰囲気が伝わる。



これでは報道が委縮するだろうし、

権力による報道機関の選別につながりかねない。



こうした問題で、大事なのは、

報道が本当に批判されるような

事実と違うことだったのかどうかを明確にすべきことだ。





それよりも何よりも大事なのは、

総理はこのような問題に口を出さずに、

泰然自若としているべきことだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・7・7 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。