徒然日記

11月19日 その2280『逢坂誠二の徒然日記』





夜明け前の函館は、曇りの朝だ。



路面は濡れているが、凍ってはいない。



今の気温は4度、日中は9程度。



曇り時々雨の予報だ。



====



昨日、帰函した。



帰函後、早速、事務所で打ち合わせを行い、

今後の日程等を確認している。



気が付いてい見ると、

今月、先月と2度の訪独で頂いた資料は、

何と小型のトランク一杯ぶんにもなっていた。



これから、

これらの資料を読み解かねばならないのだが、

さて何処から手を付けるべきか…。







1)特定秘密保護法案

特定秘密保護法案が、

修正採決されそうな雰囲気になっている。



とんでもないことだ。



現在、与党から出されている修正案は、

いくつのかの報道にもあるとおり、

何の意味もない修正だ。



多くの現職国会議員に対して、採決しないよう、

廃案にすべきと訴え続けねばならい。







2)長い道のり

福島第一原発4号機の

使用済み核燃料プールから核燃料の取り出しが始まった。



報道されているとおり、

確かに廃炉に向けた第一歩であるには違いないが、

廃炉には、今後、30〜40年もの年月を要すると言う。



4号機プールに保管されている核燃料は1533体

(使用済み1331体、未使用202体)。



しかも使用済み核燃料プール建屋が傾いていることを除けば、

4号機の状態は、他の原子炉に比較して、悪くないほうだ。



条件の良い4号機でも、この移送だけで1年以上かかる。



1〜3号機の廃炉については、全く手付かずの状態。



たぶんこちらの廃炉は、40年では済まないのだと思う。



私の生きているうちに、廃炉完了の日を迎えることはない。





確かに一歩であるには違いないが、

気の遠くなるような長い作業の始まりだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・19 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お帰りなさい。そしてそうそうに街宣ですか。かぜもはやっています。お体十分にお気をつけください。
    最近読んだ原発ホワイトアウト、現職官僚が匿名で書かれた本のようでその中に法案は国会で審議するときにはもう決まっていると
    ありました。フィクションのように書いてありますがたぶん本当のことなんだと思います。だから特定秘密保護法案は決まってしまったのでしょう。TPPといいこの法案といい
    この国はどうなっていくのでしょう。圧倒的多数与党にしてしまった私たち国民の責任でもあるのですが。

  2. 同感です。秘密保全法は、非常に危険な法案だと思います。

    内閣官房審議官(2013年11月14日「衆院国家安全保障特別委員会」)の鈴木良之が、一般のブロガーを処罰対象とすると明言されていた様です。
    http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/8da985572431182f1e2bd280e6ab8e4f
    マスコミ関係者以外のネット上の言論は、これが成立すれば原則、不可能となるという訳です。

    この法案が成立した場合、一般人は、時事について論評する事は出来なくなるそうです。なぜ、みんなの党が、同意したのか不思議です。
    この法案は、アメリカの愛国者法そのものです。
    http://wired.jp/2013/07/29/prism-revelations-result-in-lost-business-for-us-cloud-companies/
    http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/08/001714.html
    http://shimamyuko.wordpress.com/2013/06/06/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%82%92%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%82%92%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%EF%BC%9F/#more-3450
    http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20130718/1097991/
    http://www.youtube.com/watch?v=P9XvgJvbj2U

    これは明らかに安全保障に関係が無い内容ですね。
    範囲を防衛省などに限定しなかったのは、こういう事だった訳ですね。公開も60年などという無責任な期間を設けています。
    維新の会は30年に限定すべきと徹底抗戦みたいですが。共産党や社民党は全面反対です。

    しかし、世論調査では反対の声が多数なので強行採決した場合、安倍政権は、大きく支持率を失う事になります。

    ですから、残った野党が反対で結束すれば、政権に大きなダメージを与える事が可能かも知れません。

    ■報道各社 世論調査

    朝日新聞 反対42% (11月9日~10日)
    毎日新聞 反対59% (11月9日~10日)
    共同通信 反対50.6% (10月26日~27日)
    http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20131112/1384267895

    維新の会は、アントニオ猪木氏の懲罰で少し便宜を測れば、協力を得られる可能性があります。
    http://toyokeizai.net/articles/-/23411
    http://toyokeizai.net/articles/-/23411?page=2

    アメリカ寄りの議員は、反米感情の高い中東や中南米に影響力のあるアントニオ猪木氏が何かするんじゃないか。
    そう勘ぐって厳しい処罰を考えた可能性があると思います。逆に言えば、それだけ恐れたという事です。

    もしかしたら、アントニオ猪木氏は、中東や中南米に人脈を持っているので対米従属からの脱却の鍵になるかも知れません。

    しかし、選挙前はTPPには参加しない様に言っていたのにオカシな話ですね。憲法改正もどこかに行ってしまいましたし。
    選挙公約に無い2002年の年次改革要望書の「国家戦略特区」も出してくる。
    http://japan2.usembassy.gov/j/p/tpj-jp0260.html

    安倍政権は、もしかすると具体的な経済政策が何も無いのかも知れません。野党時代、批判するだけで対案を考えて来なかったのでしょう。だから、政権交代前の姿にすっかり戻りました。これは再逆転の目が出たと考えられる可能性があります。

    秘密保全法をテコに支持を回復する事も出来るかも。ここは徹底抗戦する姿を見せた方が良いですね!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。