徒然日記

12月7日 その2298『逢坂誠二の徒然日記』

特定秘密保護法が成立した。

三権分立を突き崩し、
基本的人権を侵害する、
そんな懸念を払拭できない法律が、
政府与党の強行的な国会運営によって、
いとも簡単に成立した。

国民の皆さんから見れば、
また国会のドタバタと見えるのかもしれない。

今回のドタバタは、今までのドタバタとは質が違う。

現行憲法を否定し、
国民主権、民主主義をぶち壊す暴挙だ。

絶望感で、
体が凍りつくような朝を迎えているが、
怯んでいる暇はない。

日本の民主主義を進化させるため、
私の活動を継続せねばならない。

さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・7
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    特定秘密保護法案、成立しましたね。
    天下の悪法、「悪法も法である」という表現がありますが、
    「悪法は悪法である」と言い換えるべきだと思います。
    つまり、廃止を目指すべきだと思います。

    ところで、事ここに至った経緯において、民主党の3年間を
    無視することはできません。

    言わずもがな、躓きは鳩山政権の短命にあります。
    その躓きの理由は言うまでもありません。幹部が足を引っ張った、
    ということです。

    しかし、それはそれとして置いておきましょう。
    問題はその後です。そう、菅政権。

    この政権成立に手を貸した人は、結果的に、2013年12月6日、
    暗黒の歴史が再び開くことに手を貸したことになると考えます。

    野田政権はその意味で菅政権の二番煎じでした。

    覆水盆に返らず、ここまでにしておきましょう。

    一政治家としての逢坂さんには、ぜひ議員として復活していただき、
    期待するところ大ですが、しかし、民主党はこの蹉跌を乗り越えない
    では将来はありません。どう反省し展望を開くのか…

    頑張ってください。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。