徒然日記

5月28日 その1403『逢坂誠二の徒然日記』



昨夜、最終便で帰函しました。

今朝の函館は薄雲の広がる天気です。

夕方には、雨の予報が出ています。

日中の最高気温は16度と予想されています。

====

関東地方が、昨日、梅雨入りしました。

これは平年より12日、昨年より17日それぞれ早く、
1951年の統計開始以降、
1963年の5月6日に次いで2番目に早いとのことです。

関東甲信で5月中の梅雨入りは、
1951年以降の61年間で5回目ということですから、
確かに2番目の早さですが、
異常というほどではないようですが、珍しいとのことです。

====

この時期になると北海道のスッキリ感が際立ちますが、
最近は北海道もジメジメした天候が多く、
昨年は梅雨のような雰囲気でした。

北海道本来のクリアな天候になることを祈っています。

テレビでは、根室市の桜の様子が流れています。
まだ桜が咲いているのです。

1)不信任
野党内で菅内閣の不信任案が取りざたされています。
来週6月1日が、その判断の大きなヤマ場になるようです。

民主党内でも一部これに同調する動きがあるとのことです。

安住国対委員長は、
可決されることはないだろうとの見解を示していますが、
「万万が一可決されたら総理に解散を進言する」と表明しました。

菅総理の政権運営について、様々批判があるのは事実です。
私自身も、幾つか課題だと思うこともあります。

しかし、今のこの時期、不信任云々を議論している場合でしょうか。

国民の皆様、被災地の皆様には、どう映るでしょうか。

今の時期は、ずってでも這ってでも、
国の総力をあげて、
この国難を乗り切ることに全力を尽くすべきです。

====

私が昨日、超党派の復興再生議連に参加したのも、
与野党の総力をあげて、
日本の様々な課題に立ち向かうためです。

政治的には、色々な思いがあることは事実ですが、
政治の真の役割を見失ってはいけません。

今日は、恒例のアジア・アフリカ支援米の田植えに参加します。
気温が低く、水田に入る子ども達は、ちょっと寒いかもしれません。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・5・28 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です