徒然日記

2月11日 その2364『逢坂誠二の徒然日記』





函館は、今日も穏やかな夜明け前だ。

空には雲が広がっているが、
雪は降っていない。

気温は、氷点下4度程度と、若干高めだ。

1)建国の日
今日2月11日は、
初代の神武天皇が即位したとされる日。

明治時代には、「紀元節」として定められた。

その後、
1966年の祝日法の改正により、
祝日(建国記念の日)となった。

国民の祝日に関する法律の第2条は、
建国記念の日の趣旨について、
「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定。

1967年2月11日から適用された。

====

今日はこのような祝日だが、
国会論戦では、
日本がどんな国であるべきなのか、
総理がどんな国を目指しているのかなどの
大きな議論が見えない。

与党の質問は、
政府の政策紹介など自画自賛が中心だし、
野党の質問も、
個別事項が多く、国家全体を俯瞰する議論は少ない。

個別的事項を徹底的に追及する場面と、
国家を大局的で大きな視点から議論する場面、
この両方が必要だ。

安倍総理は、
とかく自己の価値観だけを押し付けがちだ。

たとえば靖国参拝もなぜ他国から批判されるのか、
他者のことに思いを馳せることが少ない。

また総理は建国記念の日に合わせた談話の中で、

「私たちの愛する国、日本を、
 より美しい、誇りある国にしていく責任」

に言及したが、

美しいとか誇りあるが、
具体的にどんな国を目指すのかが見えない。

総理独自の言葉遣いによる、
総理独特の世界がある。

ここが安倍総理の問題点の一つだ。

総理の思いの本当のところが分からないのだ。

だからこそ、
国会では、もっと大局的な議論もすべきだ。

====

持続可能な共生社会を目指すとともに、
平和と日本国を確実に守ることなど、
国家のより具体的な姿を語りたい。

今日はそんなことを、
考える日としたい。

今日も、しっかりと前進します。

=============
         2014・2・11
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です