徒然日記

3月19日 その2400『逢坂誠二の徒然日記』





昨日、四国で桜が開花した。

いよいよ桜前線の北上が話題になる。

函館も徐々に春めいてきているが、まだまだ寒い。

夜明け前の気温は氷点下1度程度だ。

1)クリミア半島
ここしばらくの街宣では
クリミア情勢に時間を割いてきた。

====

望んでいないことだが、
世界の緊張が一気に高まっている。

ロシアがクリミアの編入を表明する。

アメリカがロシアを外したG7の開催を主張する。

ロシアに対する、経済などに対する制裁が強化される。

東西冷戦が終わって25年。

まさか再びこんな状態になるとは…。

====

日本の立場も複雑だ。

北方領土問題もあって、
ロシアとは友好な関係を維持したい。

ロシアとの経済的結びつきを考えると、
経済制裁を加えることは、
日本が逆に不利になる可能性がある。

====

一方で今回のロシアの論法は、
北方領土が返還された際の
不安定要素となる可能性がある。

ロシアの重要な利益が失われる可能性が場合、
ロシアは近隣諸国の主権を制限できる…、
こんな論法で今回ロシアはクリミアに接近している。

クリミアにおけるロシアの重要な利益とは、
ウクライナ在住のロシア系住民の安全だ。

その安全を守るためロシアがクリミアに接近し、
今回の事態に至ったのだ。

仮に北方領土が返還されても、
同様の論法で、
領土を取り返すことも可能にできるのだ。

====

今回の一連の動きを見ていると、
ロシア議会、ロシア国民の嬉しそうな顔が見える。

彼らは、今回のロシアの動きには
正統性があると見ているのだろう。

しかし我々には、そうは見えない。

こうしたことが、20世紀も紛争の発端となっている。

今回も同様だ。

21世紀になっても、こんなことが起こるとは、
改めて人類の進歩のなさを嘆かわしく思う。

世界の指導者たちは、
何を重視すべき何かをキチンと見極めて、
大きな視点をもって行動しなければならない。

今日は、朝7時から、
企業経営者らが集う私を囲む朝食会が、
函館市内で開催される。

そのため、今朝は街宣ができない。

また理由が不明だが、
急速にネットの調子が悪くなっている。

この日記がアップできるのかどうか、
ちょっと危うい状態だ。

今日も、しっかりと前進します。

=============
         2014・3・19
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。