徒然日記

7月7日 その1443『逢坂誠二の徒然日記』



今日も都内は、雲の多い朝となっています。

今日も気温が高い状態が続きます。

1)行政相談委員制度
今年は、行政相談委員制度が発足して50周年となります。

昨日、その記念式典が天皇陛下も出席して開催されました。

====

陛下はあいさつで、被災地の行政相談委員について、
「自主的に被災者からの相談への対応を開始し、
仮設住宅、当面の生活資金、
事業融資などに関する相談を受け付けるなど、
被災者のために力を尽くされたと聞いています」、
さらに、
「非常に心強いことであり、ここに深く感謝の意を表します」
と話されました。

行政相談委員は、多くの皆さんの善意に支えられている制度です。

陛下のこの言葉に、
心を打たれた相談委員も多かったものと思います。

私は、陛下の前で、
式典閉式の言葉を述べさせていただきました。

50周年の節目が、厳かに開催でき、
担当職員もホッと一安心したことと思います。

====

式典終了後、林家木久翁師匠の記念講演が行われました。

木久翁師匠には、私がニセコ町長時代に
ニセコ町観光大使をお願いした経過もあり、
舞台袖で、そのお礼の御挨拶をさせて頂くという、
貴重な機会にも恵まれました。

====

夕方には、同じ会場で懇親会が開催されました。

全国から参加された行政相談委員の皆さんが、
和らいだ雰囲気の中での意見交換となりました。

こうした懇親会は、儀礼的なものになる場合が多いのですが、
昨日の会は、実に和気あいあいとした、
まさに懇親と呼ぶに相応しい良い時間となりました。

====

今回の式典では、
行政相談委員活動に貢献された皆さんに、
総理大臣や総務大臣等の表彰が行われています。

表彰を受けられた皆さんに、
お祝いを申し上げます。

私も担当政務官の一人として、
行政相談委員制度が、より国民のためになるように、
さらに力を注がねばなりません。

多くの皆さんに感謝申し上げます。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・7・7 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です