徒然日記

8月4日 その2538『逢坂誠二の徒然日記』





新しい週のスタートだ。

今日からまた密度の濃い、日程が始まる。

8月に入ると、北海道は暑い日が続いていても、
そこかしこに秋の雰囲気が潜み始める。

季節の移ろいは早い。

1)東京自叙伝
奥泉光さんの『東京自叙伝』(集英社)を読んだ。

江戸末期から現在までを、
一人の人間が俯瞰するちょっと信じられない内容だ。

成人後、この間を生き抜くとすれば、
最低でも160年は必要だ。

こんな長い期間を一人の、
しかも生身の人間が、リアルタイムで、
同時に体験的できるはずがないが、
そこに奥泉流のトリックがある。

最近、歴史本を読み漁っている。

この東京自叙伝は、必ずしも歴史本ではないが、
江戸末期から現在を、楽しく俯瞰するには、
都合の良いものかもしれない。

歴史もさることながら、ただただ面白い。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・8・4
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。