徒然日記

8月18日 その2552『逢坂誠二の徒然日記』




函館の日の出の時刻も、
4時50分近くと随分と遅くなってきた。

夜明け前の函館は雲が多く、路面が濡れている。

眠っていて気付かなかったが、
夜半過ぎに雨が降ったようだ。

今日の函館も終日曇りの予報、
最高気温は24度と見込まれている。

1)お盆
ほとんどの企業団体などは、
今日でお盆の体制から平常体制に戻るものと思う。

お盆の間に、帰省したり、旅行したりと
リフレッシュした方々も多いだろう。

一方、激烈な天候で、
大雨被害に見舞われた地域も多い。

函館は、完全に夏のピークが過ぎ、
そこかしこに秋の気配が漂っている。

暑い夏が、もう遠い過去のことのようにも思われる。

夏まつりの楽しさと喧噪から脱却し、
改めて私たちの今と将来を、キチンと見据えたい。

2)オープン・ミーティング
昨日は、34回のオープン・ミーティングを、
亀田本町会館で開催した。

道畑市議も含め、地域の皆さんにご参加頂き、
現在の政治情勢について、
落ち着いてじっくりと話をさせて頂いた。

4月1日から
日本の武器輸出の考え方が変更になったことについて、
多くの皆さんが、あまり詳しく知ってはいないように思われた。

アメリカのミサイルへの部品提供など、
現状について説明すると、皆さんが一様に驚いた様子だった。

大間原発の凍結についても意見が出された。

大間原発工事、無期限凍結をして欲しいとの声は極めて強い。

意見交換の最後に、
終戦時、樺太で過ごされていた方からは、
どんな理由であれ戦争は絶対にダメとの話があった。

どんなに戦争を正当化しても、どんな戦争であれ、
悲惨な状態に変わりはないと力説された。

戦争を直接体験された方の話は、
説得力に溢れている。

====

次のオープン・ミーティングは、
9月7日の予定だ。

3)平和創造基本法試案
昨日、この日記で紹介した平和創造基本法試案について、
その内容を評価する意見を複数の方から頂いた。

今の政治情勢に相当な危機感を持っている方から、
この法案こそが今後の日本が進むべき道との意見だ。

私もそのように思う。

もちろん現在は試案であり、
さらに内容を強化する必要があろうと思うが、
平和創造基本法試案に基づいて、
多くの皆さんの議論を喚起したいと思う。

今後、この法律試案を、
もう少し噛み砕いて説明できればと思う。

今日も朝の街宣から活動開始だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・8・18
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です