徒然日記

10月18日 その2613『逢坂誠二の徒然日記』(4308)




昨日のミュンヘンは、終日、冷たい雨が降っており、
屋外の移動も少々辛い状態だったが、
今日は快晴、雲のない朝を迎えた。

====

昨日の日記で、
ミュンヘンの緯度を北緯38度と書いたが、
もちろん北緯48度の間違いです。

訂正します。

====

1)日本のニュース
安倍総理が、ミラノで開催された
アジア欧州会議(ASEM)首脳会議で
存在感を示したかのような報道が日本では行われている。

ところがドイツ、フランス、イギリス、
アメリカのテレビを私が見る限り、
日本に関する報道は見られない。

報道の多くは、
エボラ出血熱に関するものが中心だ。

当然のことだが、
国内外の報道の差も常に意識しなければならない。

2)個人
今回の欧州訪問は、日本国内にいる間に、
事前準備する時間があまり確保できず、
現地に来てから、
個人の立場であちらこちらへの訪問を決めている。

そのため現地に来てから休館だったりして、
訪問のできなかった場所も多い。

その上、組織や地位というものの、
存在感の大きさを痛感する。

個人というものは、極めて弱い存在だ。

その弱い個人の存在を基本にして、
社会を見ることが重要だ。

帰国が近くなった今になって、
こちらの時間にも慣れてきた。

ということは日本に戻ってから、
少しの間は時差ボケに悩まされそうだ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・10・18
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。